【JC】完全復活!サムソン一番時計 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【JC】完全復活!サムソン一番時計

 ダービーと全く同じだ! 27日午後、第28回ジャパンCの枠順が確定。メイショウサムソンは06年で2冠を達成したダービーと同じ2番を引き当てた。また、栗東トレーニングセンターで行われたこの日の追い切りには、1年5カ月ぶりの再コンビとなる石橋守騎手が騎乗。DWコースで6ハロン79秒4をマークし、『S』評価で万全の態勢をアピールした。

 主役は先輩ダービー馬の俺だ! 史上初めて日本ダービー馬3頭が競演するジャパンC。最終追い切りでメイショウサムソンが迫力満点の動きを披露、力強く“復権”をアピールした。

 「グッとくる感じは、やっぱりサムソンやったね。ゴールしてからも余力があったし、まだまだ伸びる感じだったよ」

 その感触は皐月賞、ダービー、天皇賞・春を制した時と変わらない。武豊の骨折により、昨年の宝塚記念以来1年5カ月ぶりの騎乗となった石橋守。久々に味わう“王者”の背中を堪能した。

 変則日程のため、枠順発表の日に有力馬がこぞって追い切り。サムソンは併せ馬で闘争心に火をつけた。栗東トレーニングセンターのDWコースで僚馬ファンドリコンドルを6、7馬身先行させてスタート。直線で一気に加速すると、みるみるうちに併走馬を突き放し、最後は6馬身差の圧巻フィニッシュ。この日の一番時計となる6ハロン79秒4の猛烈デモで、仏GI凱旋門賞(10着)のショックも吹き飛ばし、最高の仕上がり状態をアピールした。

 「帰国当初は心配もあったが、意外とリラックスして検疫をこなしてくれた。栗東に戻ってからも思い通りの調教をこなせたし、何の心配もしていない」

 天皇賞・秋を回避し、ここ一本に照準を絞って順調にメニューを消化。高橋成調教師も悔いのない表情を浮かべた。

 これまでGI4勝のサムソンだが、昨年の天皇賞・秋以来1年以上、勝ち星から遠ざかっている。だが、神は見捨てない。この日決まった1枠2番は、そう、石橋守を背に2冠を達成した日本ダービーと同じ枠順だ。

 「前々でしぶとさを発揮するタイプだし、ここならロスなく進める」。舞台も同じ東京の2400メートル。最高のゲートを手に入れ、丸山雅夫調教助手も表情を緩めた。

 「以前に乗っていた時とは違った意味での緊張感があるし、責任感もある。でも、せっかく頂いたチャンスなので、いいレースをしたい」と石橋守は気合を入れ直した。 最高のデキで臨む復権の舞台。デビューから18戦コンビを組み続け、サムソンを知り尽くしている24年目のベテラン。石橋守&サムソンが思い出の地で再びファンを魅了する。

By サンスポ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。