【JC】岩田、落馬負傷もウオッカ騎乗OK 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【JC】岩田、落馬負傷もウオッカ騎乗OK

岩田康誠騎手(34)=栗・フリー=が29日、京都競馬6Rで落馬負傷し、7R以降の5鞍の騎乗をすべてキャンセルした。

 アクシデントが発生したのは、セブンサミッツに騎乗した6R新馬戦。最後の直線で先頭に躍り出たが、残り60メートル付近で馬が急に内側に逃避したため、バランスを崩して馬の左側から転落した。内ラチ沿いで倒れたまま動けず、救急車で場内の診療所へ運ばれ、脳しんとう、左前腕打撲・擦過傷と診断された。念のために京都市内の病院で頭部のCT検査、左腕、左足、頸椎(けいつい)のレントゲン検査を受けたが、異常は認められなかった。

 岩田康騎手は安田記念でウオッカと初コンビを組み、牡馬混合GI2勝目へエスコートした。今回は武豊騎手がメイショウサムソンに騎乗予定だったため、2度目のコンビ結成となる。同じ京都競馬で23日、武豊騎手が落馬で右腕の尺骨を骨折。マイルCS(スズカフェニックス)では乗り替わりとなる事故が起きたばかり。落馬した岩田康騎手の容体が心配されたが、ジャパンCのウオッカなど30日の東京競馬には騎乗する方向だ。


By サンスポ
[ 2008/11/30 06:58 ] 騎手 岩田康誠 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。