FC2ブログ

【JC】ヒーローがGI初挑戦で世界制覇! 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

【JC】ヒーローがGI初挑戦で世界制覇!

 第28回ジャパンC(11月30日、東京10R、GI、3歳上オープン国際、定量芝2400メートル、1着本賞金2億5000万円=出走17頭)ミルコ・デムーロ(29)騎乗、9番人気のスクリーンヒーローがあっと言わせた。道中5番手から直線半ば過ぎで抜け出し、ダービー馬3頭を圧倒。GI初挑戦で快挙を成し遂げた。タイム2分25秒5(良)。1番人気のディープスカイは追い込み届かず1/2馬身差の2着。好位を進んだ2番人気のウオッカは3着に敗れ、メイショウサムソンは見せ場なく6着に敗れた。

 見てくれ、これがミルコ・マジックだ。スクリーンヒーローが3世代のダービー馬を一刀両断でなで斬り。初挑戦となったGIジャパンCの大舞台で堂々と“主演男優賞”を演じきった。

 ラスト200メートルから満を持してデムーロの右ムチが唸りをあげた。外から迫るディープスカイの猛追を退け、最後にまたひと伸び。並み居る強豪を抑えてトップでゴールした瞬間、デムーロは夕日に向かって右手を高く突き上げた。

 ヒーローとともに、検量室前に戻ってくると愛娘のルクレツィアちゃん(11カ月)を抱きかかえた愛妻マルティーナさんの姿があった。馬上から降りれば良きパパの、微笑ましい一面も見せた。「チョー気持ちいい」。3度目のJC挑戦で念願のVを果たしたデムーロは、流暢な日本語で第一声を発した。「道中はマツリダゴッホをマーク。並ぶとしぶといと思っていたし、馬の力を信頼して乗った。外からディープが来た時には“オーマイゴッド!” 何とかしてくれっ、と思ったよ」と笑顔が絶えない。JRAのGI制覇は04年皐月賞(ダイワメジャー)以来4度目。迫力のあるフォームといい、その手腕はビッグレースほど、輝きを増す。

 今年3月開業の鹿戸雄一調教師(46)はわずか9カ月でのGI制覇。「先々は走ると思い、経験を積ませるために参戦した。力をつけて調子も上げていたけど、この素晴らしいメンバーに勝てて正直、びっくりしました」と破顔一笑。今後は様子を見ながらになるが、有馬記念(28日、中山、GI、芝2500メートル)に向かう予定で、この勝利で海外遠征のプランも具体化しそうだ。

 今夏を境に充実期を迎え、GIIアルゼンチン共和国杯勝ちから一気に頂点に立った。祖母の名牝ダイナアクトレス(87年JC3着)の無念を晴らしたスクリーンヒーローは、父グラスワンダー(98、99年有馬記念優勝)がその名を歴史に刻んだグランプリで、真のヒーローとなる。


By サンスポ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター