FC2ブログ

【JCダート】死角なしヴァーミリアン本命 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

【JCダート】死角なしヴァーミリアン本命

ヴァーミリアンを本命に推す。JBCクラシックは7カ月ぶりで、小回りの園田だったが、正攻法のレースで完勝。中距離ダートでの実力は抜きん出ている。前走の反動は見られず、気配は前走以上。阪神は初めてだが、広いコースのほうがレースはしやすく、気難しいタイプではないので岩田康騎手への乗り替わりも心配ない。サクセスブロッケンが相手の一番手。前走はスタートで後手を踏んだのが響いた。相手の出方次第で、逃げなくてもレースはできる。決め手のあるワイルドワンダーが▲。


★最新ナマ情報

 《栗東》国内ではGI6連勝中の(6)ヴァーミリアンは坂路を4ハロン66秒4、64秒9と2本消化。逞しい体を誇示しており、至って順調だ。「追い切った後もすごく雰囲気はいい。ゴチャついたり、不利を受けたりしなければ」と古川調教助手は勝利を信じる。

 JBCクラシック2着の(7)サクセスブロッケンは角馬場からCWコースをキャンター。「ここまで順調にきている。枠もいいところだし、あとは横山典騎手に任せるだけ」と藤原英調教師は悠然と構える。

 2年4カ月ぶりの休み明け(武蔵野S9着)を使った(10)カネヒキリは坂路60秒1-44秒9-15秒0。「見るからに体に張りが出てきて、いい雰囲気。武蔵野S当時に比べれば非常に上向いている。素晴らしい能力を持っており、期待を持たせてくれる馬です」と清山調教助手はGI4勝馬の完全復活を願っている。

 武蔵野S2着(3)サンライズバッカスは坂路を66秒3でゆったり。「使ってよくなる馬で、この秋ではいちばんいい状態。集中力に欠けるので、(周りに馬がいる)内枠でよかった。あとは、うまく前をさばければ」と渋谷調教助手。

 交流GI8勝目を狙う(12)ブルーコンコルドは坂路63秒7。「ここまでビッシリと調教を積んできた。直線に坂のあるコースはいいと思う」と服部調教師は意欲を燃やしている。

 JBCクラシック3着(5)メイショウトウコンは追い切り翌日で運動のみ。「追った後も元気がいい。長距離輸送がない競馬は合うので」と松下調教助手。

 シリウスS2着(1)ワンダースピードは坂路63秒5。「体が硬くなりやすい馬だが、追い切った後もそういう面がない。ずっとここを目標にして順調にきました」と羽月調教師。

 (9)アドマイヤフジは坂路69秒9。「順調ですし、体調はいい意味で平行線」と児玉調教助手。(4)メイショウバトラーは角馬場で調整。「馬がやる気になっているし、体つきもいい」と高橋成調教師。


 《美浦》(16)ボンネビルレコードは角馬場からAコースで輸送に備えた。「大外枠は嫌だね。すごく馬は充実しているから、うまく内に入れることができればいいが…」と堀井調教師はデキの良さをアピールした。

 《阪神競馬場》(11)カジノドライヴはダートコースでダク1周からキャンター1周。枠順について美浦で藤沢和調教師は「内に行く馬を見ながらいけるいい枠。あとは安藤勝騎手に任せるだけ。具合はいいよ」と話した。(15)ワイルドワンダーは夕方に阪神競馬場に入厩した。「枠は少し外すぎる。そのあたりがどう出るか。ただ、ここに向けてきっちり仕上がっているよ」と久保田調教師。

 3頭の外国馬はすべてダートコースで調整。(8)ティンカップチャリスは、ダク1周からキャンター1周。「レースに向けて順調に仕上がっている。枠順もいい」とレセッシー調教師。(2)フロストジャイアントはキャンター~ギャロップ~ダクで2周。「軽めの調教だったが、馬の状態はとてもいい」とロドリゲス攻馬手。(13)マストトラックはキャンター~ギャロップで2周。「非常に水分の多い馬場だったが、気分良く動いている」とクエヴァス攻馬手。


By サンスポ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター