【朝日杯FS】セイウンワンダーが2歳王者! 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【朝日杯FS】セイウンワンダーが2歳王者!

 21日、中山競馬場で行なわれた2歳王者決定戦「第60回朝日杯フューチュリティS」(GI、芝1600メートル)は2番人気の関西馬セイウンワンダーが、直線、インコースから抜け出し、1分35秒1のタイムで優勝。1着賞金6300万円を獲得した。岩田騎手、領家政蔵調教師ともこのレース初勝利。

 中団を進んだセイウンワンダーは、最後の直線で内から伸びて、2着の5番人気、フィフスペトルを頭差抑えた。3着は1番人気の武豊鞍上のブレイクランアウトだった。

 払戻金は単勝が540円、枠連は(2)-(6)で1670円。馬連は(3)-(11)で1960円、馬単は(3)-(11)で3680円。3連複は(3)-(5)-(11)で2580円、3連単は(3)-(11)-(5)で1万7230円。ワイドは(3)-(11)が750円、(3)-(5)が500円、(5)-(11)が470円。(レース結果はJRA発行のものと照合し確認して下さい)


岩田康誠騎手

「休み明けで馬のテンションは高かったが、レースでは落ち着いていた。内を突いたのは当初からの狙い。展開にも恵まれた。まだ強くなりそうだね」



領家政蔵調教師

「勝ってくれてホッとした。精神力がしっかりした馬で、レースでも度胸が据わっている。長くいい脚を使えるしね。次の目標は皐月賞」



セイウンワンダー
 2歳牡馬、父グラスワンダー、母セイウンクノイチ。北海道新ひだか町の筒井征文牧場生産、馬主は大谷高雄氏。戦績は4戦3勝、重賞は2勝目。獲得賞金は1億455万円。


By サンスポ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。