FC2ブログ

【有馬記念】データ大作戦(5) 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

【有馬記念】データ大作戦(5)

〔1〕枠順(過去10年で連対馬が出ていない馬番=3点、勝ち馬が出ていない馬番=1点減点)

 スタートしてすぐコーナーを迎える中山2500メートルでは、スムーズに回れる内に比べて、大きく外に振られる外枠は不利。14番から外は連対馬が出ていない。ほかに連対馬なしの馬番は(5)、11番で、(11)ドリームジャーニーは3点減点。

 それ以外で勝ち馬が出ていない馬番は(6)、(8)、(9)、13番で、(6)エアシェイディ、(8)スクリーンヒーロー、(9)メイショウサムソン、(13)ダイワスカーレットはそれぞれ1点減点。


〔2〕出遅れマイナス(3歳2回、古馬2~4回で2点、3歳3回以上、古馬5回以上で4点減点)

 長丁場のレースは、普段なら多少は挽回可能だが、そこはやはりグランプリ。少しのミスでも命取りになる。スタート直後がコーナーの変則コースでは、出遅れはさらに影響を及ぼす。

 (11)ドリームジャーニーは、出遅れ癖があり、後手を踏む可能性が一番高い。それでも追い込み馬で、後ろから行くのは予定どおりで1点減点にとどめる。

 近走は好位から運ぶ競馬が板についてきた(1)カワカミプリンセスも、過去2度の出遅れがあった。最内枠なので、出遅れたら包まれて好位を取り損ねることは容易に想像でき、2点減点。


〔3〕コース適性重要(中山未経験、または中山芝未勝利で連対率50%未満=3点、勝ち鞍があるが50%未満=2点、勝ち鞍はないが50%以上=1点減点)

 過去10年で中山芝未勝利で連対したのは2頭しかいない。(1)カワカミプリンセスは3点減点。さらに、中山未勝利で連対0の(8)スクリーンヒーローと(12)アサクサキングスも3点減点。

(13)ダイワスカーレットは昨年2着があり1点減点。


★5日目の結論

 5日目にして初めて、ダイワスカーレットが減点対象になり、満点は消えた。それでも98点で独走状態は変わらない。そして、今日はアサクサキングス、カワカミプリンセスの2頭が姿を消した。これで残りは6頭に絞られた。


BY サンスポ
[ 2008/12/27 18:18 ] レース傾向 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター