FC2ブログ

【有馬記念】データ大作戦(6) 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

【有馬記念】データ大作戦(6)

 6日間にわたって、さまざまなデータを検証してきた『有馬記念・データ大作戦』も、いよいよ最終日を迎えた。今回は前日の最終調整と馬場状態を検証。データが弾き出した第53代のグランプリ馬は、果たしてどの馬なのか…。

〔1〕前日の最終調整(最大で5点減点)

 《中山競馬場》

 金曜入厩のドリームジャーニーは乗り運動とスクーリング。余裕を持った輸送の甲斐あって、落ち着きが見られる。状態は良さそうで、減点なし。

 《美浦》

 マツリダゴッホは坂路→南Wで気合のこもった前日調整。態勢は整っている。エアシェイディも北Cから坂路に入り、4ハロン65秒9と時計になった。スクリーンヒーローは坂路1本のみだが、これはいつも通りの調整。順調さがうかがえる。美浦組は全馬コースで調整しており、減点はなし。

 《栗東》

 雪に見舞われた前日輸送の栗東組だが、道中何ごともなく、全馬ほぼ予定通りに到着した。

 午後3時46分にメイショウサムソン、そして4時10分にダイワスカーレットが到着。2頭とも順調な輸送で、栗東で軽く乗り運動をこなしていることにも好感で減点なし。


〔2〕馬場状態(最大5点減点)

 月曜に雨が多少降ったものの、その後は晴天に恵まれ、いい馬場状態で行われている中山競馬場。日曜も雨の心配はなく、土曜日と同じ良馬場で行われそうだ。展開次第では2分30秒台の決着も期待できる。そうなると2200メートルで2分12秒、2400メートルで2分25秒を切る時計が必要になってくる。持ち時計でクリアしていないのはスクリーンヒーローとマツリダゴッホで、各2点減点。


★最終日の結論

 多少の減点はあったものの、最終日の脱落馬は0。やはりここまで残っている馬は、すべての面において力が一枚上だということ。中でも、6日間トップを守り続けたダイワスカーレットが98点をマークして、2位に6点と決定的な差をつけた。昨年2着の雪辱を果たす可能性が高い。 次位は92点でエアシェイディとメイショウサムソンが並んだが、GI実績の差でサムソンを2番手とする。


By サンスポ
[ 2008/12/28 14:13 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター