FC2ブログ

【有馬記念】スカーレット牝馬37年ぶりV! 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

【有馬記念】スカーレット牝馬37年ぶりV!

 08年のJRA中央競馬会を締めくくるグランプリ競走「第53回有馬記念」(GI、芝2500メートル)が、28日、中山競馬場で行われ、1番人気の関西馬ダイワスカーレットが、スタートから先手を取ると、そのまま押し切り、2分31秒5のタイムで快勝。1着賞金1億8000万円を獲得するとともに、37年ぶりに牝馬の優勝馬が誕生した。

 2着には最低人気のアドマイヤモナーク、3着にも10番人気のエアシェイディが入り、3連単は98万5580円の大波乱決着となった。

 ダイワスカーレットは父アグネスタキオン、母スカーレットブーケ、母の父ノーザンテースト。栗東の松田国英厩舎所属で通算12戦8勝2着4回。重賞は桜花賞、ローズS、秋華賞、エリザベス女王杯、産経大阪杯に続き6勝目。

 有馬記念は、松田国英調教師、安藤勝己騎手ともに初勝利。

 牝馬の有馬記念優勝は、1971年のトウメイ以来37年ぶりの快挙。また、ガーネット、スターロッチ、トウメイに続き4頭目。

 払戻金は単勝が260円、枠連は(8)-(8)で1万8640円。馬連は(13)-(14)で2万9490円、馬単は(13)-(14)で3万3490円。3連複は(6)-(13)-(14)で19万2500円、3連単は(13)-(14)-(6)で98万5580円。ワイドは(13)-(14)が7160円、(6)-(13)が1360円、(6)-(14)が2万8200円。(レース結果はJRA発行のものと照合し、ご確認下さい)


安藤勝己騎手

「特に行きたい馬もいないようなので、こちらが行った方が安全と思って先行した。4コーナーで追い上げられたが、最後にもうひと伸びある馬なので、心配していなかった」



松田国英調教師

「完ぺきな仕上がり。アンカツ(安藤勝騎手)さんには一言も注文をつけなかったが、完ぺきに乗ってくれた。強い世代を勝ち抜いてきた強さを証明できたと思う」



ダイワスカーレット
 4歳牝馬、父アグネスタキオン、母スカーレットブーケ。北海道千歳市の社台ファーム生産、馬主は大城敬三氏。戦績は12戦8勝。GIは昨年の桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯に続き4勝目。獲得賞金は7億8668万5000円。


★スカーレット、37年ぶり快挙

 最後に笑ったのは牝馬だった。牝馬の優勝は37年ぶりで、しかも長い歴史の中で4頭目の快挙。だが、レース後のダイワスカーレット陣営には「勝って当然」と言わんばかりのムードが漂った。

 好スタートからマイペースの逃げ。4コーナーで後続馬を引きつけて、そこから一気に突き放す快勝。ゴール手前で安藤勝騎手が早くも右腕を上げたほどの余裕の勝利。2着との差は1馬身3/4。「本当に強い。天皇賞・秋とは出来が違った。返し馬が終わって、何も不安はなくなった」と、安藤勝騎手が驚きの表情を交えるほどの“独壇場”だった。

 「完ぺきに乗ってくれた」と鞍上(あんじょう)の腕前を褒めたたえた松田国調教師。「世紀の名勝負」と呼ばれた天皇賞・秋のウオッカとの激戦。同じ4歳牝馬にわずか2センチで鼻差負けしたが「この世代の牝馬は強い。スカーレットは強い世代で勝ち抜いてきた馬」と愛馬の強さもあらためて認めた。

 並み居る牡馬をけ散らして、昨年2着の雪辱を見事に晴らしたヒロイン。来春はいよいよ海外遠征だ。「どこの国で、どう走らせるか。今、必死にリサーチ中。強い馬が一番集まるレースを選んで走らせたい」とは松田国調教師。夢はさらに広がる。


By サンスポ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター