FC2ブログ

【有馬記念】スカーレット強すぎる圧逃V! 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

【有馬記念】スカーレット強すぎる圧逃V!

 第53回有馬記念(28日、中山10R、GI、3歳上オープン国際、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金1億8000万円=出走14頭)史上最強牝馬の誕生だ! 第53回有馬記念は安藤勝己騎乗のダイワスカーレットが1番人気に応えて逃げ切り。71年のトウメイ以来37年ぶり、史上4頭目の牝馬によるグランプリ制覇を飾った。ダイワスカーレットはこれで12戦8勝2着4回。国内最強を証明したミス・パーフェクトは来年、海外遠征でさらなる高みを目指していく。

 これが史上最強牝馬の脚だ。女傑が活躍した08年を象徴するかのような圧逃劇。11万人を超える大観衆が、ダイワスカーレットの強さと速さに酔い知れた。

 「パドックで跨ったときから安心していました。前走はテンションが高かったからね。返し馬が終わった時点でも安心感がありました。いいリズムで走れれば、それだけでしたよ」

 安藤勝己騎手が冷静にレースを振り返る。目標にされることは百も承知だった。(13)番。外めの枠も関係ない。いつも通りのスタートから、すぐさまスカーレット・ポジションの先頭に立った。掛かり気味だった天皇賞・秋(2着)とは明らかに違う走り。気負うことなく淀みないラップを刻み、スカーレットの競馬をするだけだった。

 2周目の3コーナー過ぎ。有力馬が一斉にスカーレットに襲いかかる。しかし、アンカツの手は微動だにしない。ラスト800メートルは48秒3。ロングスパートが新女王の真骨丁。後続に影すら踏ませず、悠々とゴール板を先頭で駆け抜けた。71年のトウメイ以来37年ぶりに牝馬のV。ダイワスカーレットが、史上最強牝馬となった瞬間だった。

 アンカツはレース前から、気負いが目立っていた天皇賞・秋と明らかに違うスカーレットを感じていた。そして馬との呼吸さえ合わせれば、自然と好結果が出ることも。

 「(後続が)けっこう早く動いてきたのは分かっていたが、止まるだろうなと思った。僕のほうは追ってから二の脚があるからね」

 昨年2着と涙を飲んだグランプリで雪辱を果たし、名実ともに日本最強馬へと登りつめたスカーレット。次なる目標は当然、海外となる。

 “予定通りのV”に松田国英調教師も誇らしげだ。「一番強い馬が集まるところに行きたいです」。トレーナーは来年の海外遠征を改めて表明した。12戦8勝2着4回。ミス・パーフェクトのダイワスカーレットが、世界最強牝馬へと歩んでいく。

By サンスポ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター