武豊&石橋守を背にメイショウサムソン引退式 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

武豊&石橋守を背にメイショウサムソン引退式

メイショウサムソン




4日、京都競馬場でGI4勝馬メイショウサムソンの引退式が行われた。

 メイショウサムソンは皐月賞、日本ダービーなどを勝った石橋守騎手、天皇賞・秋から手綱を取った武豊騎手とともに登場。現役時代と何も変わらない力強い走りを披露し、集まったファンに別れを告げた。

 通算成績は27戦9勝、2着7回、3着2回。05年7月に小倉競馬場でデビューし、3戦目で初勝利。重賞2着2回の後、06年3月にフジテレビ賞スプリングSで重賞初勝利を飾った。

 その後、皐月賞、日本ダービーを制し牡馬クラシック2冠を達成。3冠が期待された菊花賞では、ソングオブウインドの4着に終わった。

 古馬になってからも天皇賞・春秋制覇などトップホースとして活躍し、08年10月には世界最高峰、フランスの凱旋門賞に挑戦(10着)した。帰国後、ジャパンC6着、有馬記念8着で引退となった。

 今後は、北海道・安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬となる予定。


By サンスポ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。