アグネスタキオン、リーディングに輝く 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アグネスタキオン、リーディングに輝く

 2008年の中央競馬が終幕し、JRAリーディング各部門の順位が確定した。種牡馬部門では13年間続いたサンデーサイレンス時代が終わり、リーディングに輝いたのはSS産駒のアグネスタキオン。NHKマイル→ダービーを連勝したディープスカイ、皐月賞馬キャプテントゥーレなど3歳勢が大活躍。ダイワスカーレットも有馬記念を勝ち、33億5073万3000円を獲得し、2位のフジキセキ(24億133万9000円)に10億円近い差をつける圧勝で、ポストSSを確定させた。5歳がラストクロップのSSは18億2985万7000円で7位にランクダウンした。

 2歳部門は函館2歳Sをフィフスペトルで勝ったキングカメハメハが3億8053万1000円で首位。2位が3億1222万9000円のネオユニヴァースで新種牡馬のワンツーとなった。昨年首位のアグネスタキオンは、重賞Vがなく2億9223万8000円の4位。

BY サンスポ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。