FC2ブログ

オグリ最後の産駒アイちゃん、デビューへ着々 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

オグリ最後の産駒アイちゃん、デビューへ着々

オグリ最後の産駒アイちゃん、デビューへ着々
 「芦毛の怪物」の愛称で親しまれ、1980年代後半からの第2次競馬ブームの火付け役となった人気馬、オグリキャップの最後の産駒となる牝馬が、今年の中央競馬デビューを目指して北海道新冠町の育成場でトレーニングに励んでいる。アイドルホースだった父にあやかり、幼名は「アイちゃん」。

 90年有馬記念で有終の美を飾ったオグリは、2006年に2頭に種付けをしたのを最後に種牡馬を引退した。現在24歳。北海道新冠町の牧場で余生を送っている。

 その最後の産駒が、07年5月1日にグレイスクインが産んだ「アイちゃん」だ。2歳で毛色は父母と同じ芦毛。育成場には08年11月末に入った。騎手の指示に慣れる練習などを積む日々。人懐っこく甘えたがる性格だが物覚えは早いという。

 所有するローレルクラブ(東京)の日山知己さん(34)は「生まれながらのアイドル。人がたくさんいるほどシャキッとするそうです」。

 オグリ産駒では競走馬として300頭以上が登録。「脚元が弱い」(日山さん)傾向があり、大成した馬はいないが「オグリの産駒はもう見られない。競馬場でその走りをファンの目に焼き付けてほしい」と日山さん。オグリを現役時代から撮り続けている北海道浦河町在住の写真家、内藤律子さん(58)も「無事にデビューしてほしい」と祈っている。
[ 2009/01/18 15:09 ] 競馬のあれこれ | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター