カジノドライヴ、圧倒的人気に応え完勝 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カジノドライヴ、圧倒的人気に応え完勝

 24日、中山競馬場で行われたアレキサンドライトS(4歳上1600万下、ダート1800m)に、カジノドライヴ(牡4、美浦・藤沢和雄厩舎)が安藤勝己騎手騎乗の圧倒的1番人気(単勝1.2倍)で出走。2番手追走から持ったままで先頭に立つと、後続との差を徐々に広げ、3番人気ダイワルビアに3.1/2馬身差をつけて完勝した。勝ちタイムは1分49秒9(不良)。さらに1/2馬身差の3着には2番人気ドリーミーペガサスが入った。

 カジノドライヴは、父Mineshaft、母Better Than Honour(その父Deputy Minister)という血統の米国産馬。半姉に07年ベルモントS(米G1)を制したラグストゥリッチズ Rags to Riches(父A.P.Indy)、半兄に06年ベルモントSを勝ったジャジル Jazil(父Seeking the Gold)がいる。

 昨年2月の新馬戦(京都・ダート1800m)を大差で圧勝。2戦目となったピーターパンS(米G2)を制し、日本調教馬初のアメリカダート重賞勝利の快挙を達成した。ベルモントSは挫石のため直前で出走取消。秋に再渡米し、条件戦を勝って臨んだBCクラシック(米G1)は最下位の12着。前走のジャパンCダート(GI)は6着だった。通算成績6戦4勝(うち海外3戦2勝、重賞1勝)。


By netkeiba.com
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/10/24 02:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。