【平安S】ワンダースピード重賞V2 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【平安S】ワンダースピード重賞V2

 第16回平安S(25日、京都11R、GIII、4歳上オープン国際、別定、ダ1800メートル、1着本賞金3900万円=出走16頭)小牧太騎乗、3番人気のワンダースピードが3番手から、逃げ粘る1番人気のエスポワールシチーをゴール寸前でかわして優勝した。タイム1分50秒4(稍重)。3着には先行したマコトスパルビエロが入り、追い込み勢は見せ場がなかった。

 これが層の厚いダート重賞戦線を渡り歩いてきた実力だ。ワンダースピードが息詰まる叩き合いを制した。

 レースは予想通りエスポワールシチーがハナに立つ展開。それをマークしながら好位のインを追走した。直線半ばからは2頭のマッチレース。最後にクビだけ前に出たところがVゴールだった。

 「しびれたね。最後はキュッと伸びてくれてよかった。ボクもこの馬に乗るときは負ける気がしないんだよ」と小牧太騎手。会心の勝利に笑顔が弾けた。

 フェブラリーS(2月22日、東京、GI、ダ1600メートル)は見送る予定だったが、この勝利で再考の余地が出てきた。「現時点では積極的に考えていないけど、ジョッキーと相談して決めます」と羽月友彦調教師は“電撃参戦”に含みを持たせた。

By サンスポ
[ 2009/01/26 16:14 ] 競馬結果 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。