FC2ブログ

【AJCC】ノリで復活!ネヴァブションV 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

【AJCC】ノリで復活!ネヴァブションV

ネヴァブション



 第50回アメリカジョッキークラブC(25日、中山11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・外2200メートル、1着本賞金6000万円=出走13頭)横山典弘騎乗、4番人気のネヴァブションが好位から直線で抜け出し快勝した。タイム2分13秒9(良)。2馬身1/2差の2着には同じ伊藤正厩舎の2番人気エアシェイディが入り、しぶとく脚を伸ばしたトウショウシロッコが3着。1番人気のドリームジャーニーは自慢の末脚が不発に終わり、8着に敗れた。

 ノリの独壇場だった。ネヴァブションが2着の僚馬エアシェイディ以下に2馬身半差をつけてゴールした瞬間、鞍上の横山典弘騎手は左腕を高々と突き上げて喜びを爆発させた。馬場状態を考慮して普段よりも前めの3番手を追走し、直線入り口で逃げたキングストレイルを捕らえる完勝劇。緻密な計算がズバッと決まった。記念撮影では久々にデットーリ直伝の“フライングディスマウント”も披露するサービスを見せた。

 「今年はずっと関西馬に持っていかれていたので、関東馬が勝てて良かった」としてやったりの表情。さらに「JCでハナに行くレースをしていたのできょうも前に行けた。今までやってきたことがうまくつながった感じ。自分でも完璧に乗れたと思う」と本音もポロリ。これでAJCCは小島太現調教師と並ぶ最多タイの5勝目。今や立派なレースの“顔”だ。

 伊藤正徳調教師は昨年のエアシェイディに次いで連覇を達成。今年はそのエアが2着でワンツーを決めた。「力のいる馬場はネヴァに向いていたね。春の目標は天皇賞(5月3日、京都、GI、芝3200メートル)。以前に骨折(2度)した経験のある馬だし、疲れや歪みをしっかりと取ってから次走は決めたい。ネヴァが勝ったことで、9Rでレース中に骨折して、安楽死となった(同じオーナーの)トレノパズルの弔い合戦ができてよかった」と少しだけ安堵の表情を浮かべた。

 3~4歳時には一昨年のグランプリ馬マツリダゴッホと抜きつ抜かれつの勝負を演じていたネヴァブション。2度の大きな骨折を乗り越えて確実に地力をつけた今、エアシェイディとともに“GI制覇”のノロシを上げる。

By サンスポ
[ 2009/01/26 16:16 ] 競馬結果 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター