FC2ブログ

【根岸S】久々でも速かった!ピサ重賞連勝 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

【根岸S】久々でも速かった!ピサ重賞連勝

 第23回根岸S(1日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際、別定、ダ1400メートル、1着本賞金3900万円=出走16頭)岩田康誠騎乗、4番人気のフェラーリピサが好位から抜け出し快勝。タイム1分22秒1(重)。エルムSに続き、休養をはさんでGIII連勝を果たし、フェブラリーS(22日、東京、GI、ダ1600メートル)の有力候補へ名乗りをあげた。追い込んだヒシカツリーダーがクビ差の2着に入り、先行したセントラルコーストが3着。1番人気のバンブーエールは伸びを欠き、5着に敗れた。

 病を克服して、GIへの扉を開いた。顔面神経痛のため4カ月半ぶりの実戦となったフェラーリピサが、好位から抜け出す堂々たる内容でフェブラリーSの前哨戦を快勝。東京ダート1400メートルのコースレコードホルダー(1分21秒9)が、その力を存分に示した。

 好ダッシュから3~4番手を無理なく追走。残り400メートルで馬なりのままセントラルコーストに並びかけて競り落とし、ヒシカツリーダーの追撃をクビ差しのいだ。

 「手応えは抜群で、直線半ばまで追い出しを我慢した。何とか我慢してくれましたね」。コンビを組んで5勝目。レコードホルダーの力強い走りに、岩田康誠騎手は安堵の表情を浮かべた。

 だが、ここまでの道程は楽ではなかった。眼鏡の奥に見える白井寿昭調教師の目は涙ぐんでいるようにも見えた。エルムSを勝った後、JCダートを目指して北海道から栗東に帰厩したが、顔の右側の異変に気付いた。

 「右の口が下がって、よだれを流していた。カイバもうまく食べられなくなってしまった」。打撲でもなく、ウイルス性の疾患でもなかった。「おそらくストレスからきたものだろう」。様々な治療を試み、症状が良化をみせると、初歩段階から調教を再開。昨年12月から時計を出し始め、じっくりと追い切りを重ねてきた。「症状は回復しているし、直前の動きもよかった。それでも、競馬はやってみないと…」。仕上がりに自信はあっても、競馬に行って以前のように力を出せるかは、不安だった。

 今でも少し顔が歪むことはあるが、この勝利で病は乗り越えた。「これで自信を持って行けるかな」。02年アグネスデジタル、05年メイショウボーラーに続くフェブラリーS3勝目に意欲を見せる白井師。本番は休み明けを使った上積みも見込める。カネヒキリ、ダイワスカーレットらの強豪に、完全に立ち直ったフェラーリピサが真っ向勝負を挑む。

By サンスポ


ダートG1は、メンバーが揃ってるので、今後、超一流メンバー相手にどんな戦いができるか?
フェブラリーSは、ダイワスカーレットも出るしね。

[ 2009/02/02 12:48 ] 競馬結果 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター