FC2ブログ

【共同通信杯】ダービーに向けてブレイクランアウト快勝! 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

【共同通信杯】ダービーに向けてブレイクランアウト快勝!

【共同通信杯】春の扉こじ開けたブレイク

 第43回共同通信杯(8日、東京11R、GIII、3歳オープン国際、別定、芝1800メートル、1着本賞金4000万円=出走15頭)関東期待の星で1番人気のブレイクランアウトが直線鮮やかに抜け出し重賞初制覇(通算2勝目)を飾った。1分47秒3(良)はレースレコード。コンビを組んだ武豊騎手は京都牝馬Sに続いての2週連続重賞V。ブレイクランアウトの最大目標はダービーで、皐月賞(直行)またはNHKマイルCから、外国産馬として史上初のダービー制覇を目指す。

 たまりにたまった鬱憤を一気に吹き飛ばした。1番人気のブレイクランアウトがインから突き抜けて鮮やかな重賞初V。2週連続の重賞Vに武豊騎手の笑顔が弾けた。

 「すごい瞬発力でしたね。負けられないと思っていましたが、完璧なレースができました。気持ち良かったですよ」

 天才も自画自賛のV。中団のインでピタリと折り合い、直線も追い出しを我慢して、前が開くと一瞬で抜け出す。3連勝中の強敵に1馬身3/4差の完勝。上がり3ハロン33秒6の末脚を引き出したユタカの手綱さばきも、余裕しゃくしゃくだ。

 「前に乗った2回はボクも手が痛かったし、人も馬も状態がアップしていたってことです」

 冗談交じりでも、内心は期するものがあった。初騎乗の東スポ杯2歳Sは、前週のエリザベス女王杯の落馬直後。朝日杯FSは骨折明け初戦だった。懸命のリハビリを経ての騎乗でも、結果が悪ければ責任を感じるのは当然だ。「これ以上、馬にも陣営にも迷惑はかけられない」。自らを鼓舞して臨み、天才はキッチリ答えを出してみせた。

 馬自身の成長も見逃せない。「まだまだ子供」と戸田博文調教師が認める粗削りな素材だが、この中間は厩舎でじっくり調整して、体つきが見違えるほど変貌。落ち着きも出て、大人びた競馬を披露した。これを受けて戸田師は「最終的にダービー(5月31日、東京、GI、芝2400メートル)を使いたい」と表明。ユタカも「きょうの内容なら少々距離が延びても問題なさそうですね」と後押しする。

 “ビリヤードで1つのミスもなくすべての球を落とす”意味のブレイクランアウト。低迷する関東から登場した待望のクラシック候補が、重賞Vの勢いに乗って立ちはだかるライバルたちをブレイクしていく。

By サンスポ

やはり強い馬が勝ってくれば、クラシック戦線が盛り上がりますよね。

そして本番まで、強い馬同士の対戦のないまま、負けずに行って欲しいですね。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター