FC2ブログ

カジノドライヴ馬体ふっくら51秒8 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

カジノドライヴ馬体ふっくら51秒8

 めぐってきた勝機は逃さない。除外対象から一転して出走可能となったカジノドライヴは坂路で併せ馬。僚馬キングストレイル(牡7オープン)と馬なりで併入した。

 タイムは4ハロン51秒8、終い1ハロン12秒4。派手さはないが、軽快な身のこなしがデキの良さを物語る。「前回から1カ月も経っていないし、速い時計を出す必要はないですからね。あのくらいでいいでしょう」と藤沢和調教師が納得の表情を浮かべた。当初、出走は難しいと思われていたが、回避や故障が相次いで繰り上がった。「用意はしていたし、調整もそんなに難しくなかった」と藤沢和師は断言。前走(アレキサンドライトS1着)は22キロ減だったが、「2走前(JCダート)は阪神で1頭だけの調教でしたが、前回は美浦のコースで調教できた分。今回はだいぶフックラしています」と回復を約束した。

 「行きたがるような面があるし、距離も向いていると思います。東京は初めてですが、左回りが良さそうだし、とても楽しみにしていますよ」と藤沢和師は前向き。世界の強豪が待つドバイワールドC(3月28日、ナドアルシバ、GI、ダ2000メートル)に向けて、最高の結果で弾みをつけにいく。

By サンスポ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター