1987年ダービー馬、メリーナイスが病死 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1987年ダービー馬、メリーナイスが病死

メリーナイスが病死

 日本中央競馬会(JRA)は3日、1987年の日本ダービーなどを制したメリーナイス(牡25)が1日に繋養先の北海道浦河町の渡辺牧場で病死したと発表した。88年に現役を退き、99年に種牡馬を引退していた。

 メリーナイスは1986年8月に函館競馬場でデビューし、新馬戦を快勝。4戦目のいちょう特別(OP)を勝ち、朝日杯3歳ステークス(GI)へ。2番人気に支持されホクトヘリオスを抑え見事優勝。翌年のクラシックでは皐月賞で7着に大敗後の日本ダービーで2着サニースワローに6馬身差をつけ見事優勝。87年の有馬記念では3番人気に支持されるもスタート直後に落馬競争中止となった。

 「四白流星」で「栗毛」という外見は華麗に、そして美しく見え、さらに鞍上の根本康広騎手(現調教師)のヨーロピアンスタイルから繰り出す風車ムチで話題を呼びファンの多い馬であった。映画「優駿 ORACION」に登場する競争馬オラシオンのモデルにもなっている。

 通算成績は14戦6勝。主な勝ち鞍は日本ダービー(GI)、朝日杯3歳S(GI)、セントライト記念(GII)。父コリムスキー、母ツキメリー、母父シャトーゲイ。種牡馬として産駒に共同通信杯(GIII)勝ちのマイネルリマークや京都4歳特別(GIII)勝ちのイイデライナーがいる。

By サンスポ


映画、「優駿」のオラシオンがこの馬だった。
ひじょうに美しく威厳のある馬。

残念です。
[ 2009/03/03 16:47 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。