【弥生賞】セイウンワンダー満点…血統診断 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【弥生賞】セイウンワンダー満点…血統診断

 2歳チャンピオンのセイウンワンダーの父グラスワンダーは無傷の4連勝で97年の朝日杯3歳S(当時)を勝ち、古馬になってからも宝塚記念、有馬記念連覇など持続的な成長力をみせた。昨年はジャパンCをスクリーンヒーローが勝ち、朝日杯FSを同馬が優勝と、今が旬の種牡馬。母は未勝利馬だが、SS×リアルシャダイ×テスコボーイと時代を代表する名種牡馬が配合され、底力あふれる配合になっている。

 無傷の3連勝でラジオNIKKEI杯2歳Sを勝ったロジユニヴァースの父ネオユニヴァースは、03年の2冠馬。現3歳世代が初年度産駒で、若駒S勝ちのアンライバルドなども送り出している。母は未出走だが、ファンタジーS2着のモンローブロンドや若葉S勝ちのノットアローンなど母の兄弟には活躍馬が多い。曾祖母ソニックレディは全欧3歳牝馬チャンピオンで、かなりの奥深さを秘めた血統だ。

 フィフスペトルの父キングカメハメハは04年の変則2冠馬で、現3歳が初年度産駒。フィフスペトルが重賞勝ち馬第1号で、昨年の2歳リーディングサイアー獲得の牽引役となった。母の半妹にはケンタッキーオークスなど重賞4勝のブラッシングケイディーがいる。母の父は日本ではなじみが薄いが、凱旋門賞馬サキーの父。

 ケイアイライジンの父ケイムホームは1800~2000メートルの平均ペースのレースに強かった。母の父エーピーインディは2400メートルのベルモントSを勝っているだけに、200メートルの延長はプラスだろう。

 ナカヤマフェスタの父ステイゴールドは晩成型のステイヤー。短距離馬だった母のスピードに、父のスタミナがうまくマッチしている。

 京成杯勝ちのアーリーロブストの父バブルガムフェローの産駒は、これまではダートで良績が多かったが、同馬の場合は短距離色が濃い種牡馬の配合が目立つ母系がスピード能力を底上げしている。

 アントニオバローズの父マンハッタンカフェは3歳夏に本格化して01年の菊花賞と有馬記念、翌年の天皇賞・春とGIを3勝。スタミナ豊富で距離延長は大歓迎。(血統取材班)

By サンスポ


今年のクラシックを占う意味でも、ひじょうに重要な一戦!!
[ 2009/03/04 23:55 ] レース傾向 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。