FC2ブログ

ウオッカ、前哨戦は5着…本番に期待 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

ウオッカ、前哨戦は5着…本番に期待

 ドバイデューティフリー(28日、ナドアルシバ、GI、芝1777メートル)に出走予定のウオッカ(牝5歳、栗東・角居勝彦厩舎)が、前哨戦となるジェベルハッタ(GII、芝1777メートル)に武豊騎手騎乗で出走。5着に敗れた。

 ウオッカは好スタートから好位置につけると、内を通って4、5番手で直線を迎えた。武豊騎手の手綱は動くことなく、楽な手応えだったが、勝負どころで前が開かず、満足に追うことができなかった。結局、後ろからきたインボンギにも差され5着。なんとも消化不良のレースとなった。

 勝ったのはA.ビン・フザイム騎手騎乗のバリオス(牡6歳、W・サプル厩舎)。直線でウオッカが動くに動けない状況の中、外から一瞬で抜け出し、最後は2着に約1馬身の差をつけゴール。着差よりも強い内容で、本番でもウオッカの強敵となりそうだ。

 レースには、昨年のドバイデューティフリーの覇者で、シンガポール航空国際Cも制したジェイペグも出走していたが、2着に終わった。

 ウオッカは昨年、ドバイデューティフリーで4着に敗れており、リベンジに向け、結果を出しておきたかったが、休み明け、長距離輸送を考えれば、悲観する内容ではなく、本番に期待できる走りを見せた。

 ドバイワールドCを目標にしていたライバル・ダイワスカーレットが衝撃的な引退となった今、ウオッカが無念を晴らすことができるか、注目が集まる。

By サンスポ




■まだ、レースを見てないので何とも言えないが、ドバイデューティフリーの本番は大丈夫なのか?
内で閉じこめられたようだが、ある程度、武豊が脚をはかったのか。
ここは、ひとタタキされて状態アップのための前哨戦として前向きに捉えよう。

このレースでウオッカは伏兵でしかなくなったので、本番では武豊には思い切ったレースをして欲しい。



[ 2009/03/06 10:45 ] あ行の競走馬 ウオッカ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター