ブエナビスタ、桜花賞後はどのレース? 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブエナビスタ、桜花賞後はどのレース?

ブエナビスタ

 7日、阪神競馬場で桜花賞トライアル(3着まで桜花賞優先出走権)の「第16回チューリップ賞」(GIII、芝1600メートル)が行われ、昨年の2歳女王で圧倒的1番人気に支持されたブエナビスタ(安藤勝己騎手騎乗)が直線で外から豪快に伸び、ゴール前で逃げるサクラミモザを楽にかわし快勝。クラシックに向け、死角のない走りを披露した。

 ブエナビスタは、父スペシャルウィーク、母ビワハイジ、母の父カーリアン。牝3歳で栗東・松田博資厩舎所属。通算4戦3勝、3着1回。重賞は08年阪神ジュべナイルFに続いて2勝目。半兄に京成杯1着、皐月賞3着、菊花賞2着のアドマイヤジャパン、弥生賞(GII)など重賞3勝のアドマイヤオーラ。

 2着は逃げ粘ったサクラミモザ(牝3歳、美浦・畠山吉宏厩舎)、3着は最後の最後に追い込んだルージュバンブー(牝3歳、栗東・佐藤正雄厩舎)。ブエナビスタ、サクラミモザ、ルージュバンブーは桜花賞の優先出走権を獲得した。

By サンスポ




のこり2ハロン。
本格的に追い出してからの伸びはまるで次元が違う!

普通だとサクラミモザが逃げ切ったレース。
それを良馬場になったとはいえ、昨日までの雨で柔らかめの馬場。
そんな条件でのこの勝ちっぷりは突出!

好スタートから、いったん最後方まで下げ、3コーナー過ぎから馬なりで上がっていき、残り2ハロンで追い出し、最後には余裕を持って1馬身1/4突き放す圧勝劇!

アンカツは、本番を見据えた競馬をしたってこと。

これで、よほどのことがない限り、本番も間違いないと思う。
桜花賞でも1.1~1.2倍程度の単勝オッズになるはず。

その次のレースをどうするのか?

オークスか、それともウォッカのようにダービーか?
ただ、今年の牡馬はコマが揃ってるので、ダービー制覇は簡単ではないと思う。

あとは、血統的に母ビワハイジの血が濃く出ていると、マイラーの可能性も。
しかし、あのレースっぷり、性格的なモノからも距離はこなせるはず。


海外も視野に入れたローテーションになるんだろうか?
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。