キストゥヘヴン鞍上は横山典弘! 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キストゥヘヴン鞍上は横山典弘!

06年桜花賞馬キストゥヘヴン


 3年前の桜花賞馬キストゥヘヴンが、中山牝馬Sでラストランを迎える。

 鞍上は今年JRA31勝(10日現在)を挙げ、全国リーディングの横山典弘騎手(41)。キスとはフラワーCで重賞Vを決めているが、コンビを組むのは07年ヴィクトリアマイル(4着)以来1年10カ月ぶり。

 横山典騎手は現在、中山記念(カンパニー)→オーシャンS(アーバニティ)→弥生賞(ロジユニヴァース)と重賞騎乗機会3連勝中。JRAによると、最多記録は武豊騎手の6(98年ローズS-セントウルS-毎日王冠-京都新聞杯-デイリー杯3歳S-秋華賞)で、別に5、4連勝も達成。河内騎手(現調教師)は5連勝(86年桜TR4歳牝特-小倉大賞典-桜花賞-京王杯SC-サンスポ賞4歳牝特)。ノリが4連勝を達成すると、ペリエ騎手(02年阪神牝馬S-有馬記念-03年AJCC-京都牝馬S)に並ぶ記録となる。


【中山牝馬S】キストゥ有終Vで繁殖入りだ

3年前の桜花賞馬キストゥヘヴンが、中山牝馬Sでラストランを迎える。中山競馬場はデビュー戦、初勝利、重賞初V、復活Vと思い出深いコース。中間も順調に乗り込まれ、1週前追い切りでも絶好の動きを見せた。手綱が冴え渡る横山典弘騎手と久々にコンビを組み、有終Vを狙う。

 06年の桜花賞馬キストゥヘヴンが、桜の季節を前に引退レースを迎える。05年12月にデビューし、4戦目の未勝利戦で勝ち上がると、フラワーC→桜花賞と3連勝で桜の女王に輝いた。しかし、その後は気性の激しさも影響し、不本意な成績が続いた。馬でも人でも近づくものは威嚇する。厩舎で特にやんちゃなブレイクランアウト(牡3)ですら、キスの前ではシュンとするほどの女王様気質。「カイバや調教など考えられることはすべて試行錯誤を繰り返しました」と斉藤調教助手が振り返る。

 07年11月、美浦トレセンにニューポリトラック(以下Pコース)が導入されたことが好転へのきっかけとなった。「気分良く走れるのか、イライラしなくなった」と戸田調教師が明かすように、08年初戦の京都牝馬Sで3着と復活の兆しを見せた。それ以降の重賞で(3)(4)(2)着。安田記念はウオッカの7着だったが、休養を挟んで臨んだ京成杯AHでは、桜花賞以来2年5カ月ぶりの勝利を飾った。ここ2戦は2ケタ着順だが、牡馬混合GI、不得手な不良馬場と敗因は明らかだ。

 前走後もPコースで入念に乗り込まれ、1週前追い切りでは5ハロン65秒7、3ハロン37秒3-12秒3(G前仕掛け)。僚紙競馬エイトの時計班の採点7と上々の動きを見せている。斉藤助手も「1週前にしっかりやって当週軽めは予定通りです」と最終戦に向けて仕上げに抜かりはない。

 「キスがいろんなことを教えてくれました。GI、米国遠征(GIIキャッシュコールマイル4着)など、残した財産はとてつもなく大きいです」と斉藤助手は愛馬に感謝の言葉を贈る。

 デビュー、初勝利、初の重賞制覇、復活勝利など、思い出がいっぱい詰まった中山競馬場で、キストゥヘヴンが有終の美を目指す。

By サンスポ






横山典弘騎手は連勝を伸ばせるのか気になるところ。
しかし、今年は乗れてるね。
テレビなどの勝利者インタビューでも、以前よりも軟らかな表情で答えてるように見える。
脂ののったアラフォー世代。
ここらで一発、武豊の牙城を崩して貰いたいもの。
[ 2009/03/11 15:21 ] 騎手 横山典弘 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。