FC2ブログ

ダノンベルベール切れた11秒9…桜花賞追い切り 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

ダノンベルベール切れた11秒9…桜花賞追い切り

ダノンベルベール切れた11秒9…桜花賞追い切り
2009年4月9日(木) 8時0分 スポーツ報知

 ◆桜花賞追い切り(8日) 力強いアクションでスピードに乗り始める。坂路の2ハロン目に差し掛かるころ。ダノンベルベールが加速態勢に入った。後藤のゴーサインとともに四肢の回転が速さを増す。ラスト2ハロンは12秒0、11秒9。一気にアップする傾斜を感じさせないスピードで上がり切った。

 全体では52秒9をマークしながら、しまいも12秒を切ったのはこの中間でも初めて。「最後までぶれることなく、いい時計を出している。だれが見ても素晴らしい状態を見せられたんじゃないか」。後藤はかなりの手応えを得た様子だった。

 以前の栗東滞在時とも様子は違うようだ。阪神JF(2着)の時は、初めての環境に戸惑って馬体重を大幅に減らした。「周りの馬に対して攻撃的な気持ちになっている。いつでも蹴るような感じで他の馬に寄せることが出来ない」と後藤は精神面の変化も感じ取っている。

 美浦から駆けつけた国枝調教師も表情が明るい。「併せれば動くので単走で追った。能力が高いから楽に動くよね。いい動きだったし、満足している。阪神JFより明らかに良くなっている」。

 阪神JFでブエナビスタにつけられた2馬身半の差は埋められるのか。後藤は「ディープインパクトの時もそうだったけど、生まれた年が悪かったというぐらい強い馬」と相手を持ち上げたうえで、「いままで牝馬クラシックを意識できる馬に出会ったことはない。ここまでは完ぺき。期待感はある」とキッパリ。1強ムードへの反抗心が燃えているようだった。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター