FC2ブログ

【桜花賞】ブエナビスタまずは1冠 “桜”の女王に輝く! 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

【桜花賞】ブエナビスタまずは1冠 “桜”の女王に輝く!

桜花賞】ブエナビスタまずは1冠 “桜”の女王に輝く!
2009年4月12日(日) 15時45分 サンケイスポーツ


 12日、阪神競馬場で牝馬クラシック第1弾「第69回桜花賞」(GI、芝1600メートル)が行われ、昨年の2歳女王で単勝1・2倍の圧倒的支持を受けた1番人気ブエナビスタ(牝3歳、栗東・松田博資厩舎)が強い競馬で完勝。阪神JFに続きGI2勝目を挙げた。

 レースは川田将雅騎手騎乗のコウエイハートがヴィーヴァヴォドカ(村田一誠騎手騎乗)をかわしてハナを切った。その後にサクラミモザ、デグラーティアなどが続き、注目のブエナビスタは後方2番手の位置取りとなった。

 勝負どころの4コーナー、ブエナビスタはまだ後方待機。直線手前で大外から勝負に出たが、ジェルミナル、レッドディザイアに前をふさがれ、なかなかさばききれなかった。

 しかし、残り300メートルから他馬とは次元の違う脚を使い、一気に前を捕らえ、終わってみれば着差以上の強い内容。4連勝で“まずは1冠”といった感じの圧勝劇だった。

 ブエナビスタは、父が日本ダービーなどGI4勝のスペシャルウィーク、母が阪神3歳牝馬S(GI)を勝ったビワハイジで、母の父はカーリアン。牝3歳で栗東・松田博資厩舎所属。通算5戦4勝、3着1回。

 重賞は08年阪神ジュべナイルF(GI)、09年チューリップ賞(GIII)に続いて3勝目。半兄に京成杯1着、皐月賞3着、菊花賞2着のアドマイヤジャパン、弥生賞(GII)など重賞3勝のアドマイヤオーラ。

 2着は2番人気レッドディザイア(牝3歳、栗東・松永幹夫厩舎)、3着は5番人気ジェルミナル(牝3歳、栗東・藤原英昭厩舎)。阪神JF2着で3番人気のダノンベルベール(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)は8着に終わった。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター