FC2ブログ

東の救世主ロジユニヴァース!85年ミホシンザン以来関東馬無敗Vへ!!…19日・皐月賞 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

東の救世主ロジユニヴァース!85年ミホシンザン以来関東馬無敗Vへ!!…19日・皐月賞

東の救世主ロジユニヴァース!85年ミホシンザン以来関東馬無敗Vへ!!…19日・皐月賞
スポーツ報知 - 2009/4/14 8:01

 4戦4勝のロジユニヴァースが、史上17頭目となる無敗の皐月賞制覇を目指す。久々に関東に現れたスターホース。萩原清調教師は、西への対抗心を胸に、偉業達成へ挑む。

 待望の東のエースが誕生しようとしている。ロジユニヴァースは、前哨戦の報知杯弥生賞を制して、無傷の4連勝。04年のダイワメジャー以来となる、関東馬の皐月賞制覇に名乗りを上げた。同年のダービー以降、関東馬は牡馬クラシックで14連敗中。“ストッパー”としての期待は大きい。

 関東代表の意識は、管理する萩原調教師も強く持っている。「関東馬ということが一番(意味のある点)でしょうね。責任を負っていますから、恥ずかしい競馬はできない。負けると、関東だからダメだと言われてしまいますから」。“西高東低”が叫ばれて久しい競馬界。危機感を強く持つからこそ、結果へのこだわりは大きい。

 強い意気込みを見せるのは、能力に絶対の自信があるからだ。アンライバルドにリーチザクラウン。強敵がそろったが、「相手関係は、あまり考えていない。どっちにしろ、皐月賞は使うんですから。大事なのは、ロジユニヴァース自身を維持すること。たぶん、実力は十分だと思いますから」と信頼は揺るがない。

 新馬戦、札幌2歳Sは差す競馬で、ラジオNIKKEI杯2歳Sは先行策で快勝。今年初戦の報知杯弥生賞では、逃げ切り勝ちを収めた。多彩な戦法で4連勝。「脚質は自在でしょうね。ただ、スタートからの反応が良くなっているので、後ろからのレースは考えられない」他馬との駆け引きではなく、あくまで自力で勝負を付ける構えだ。

 デビュー前は、栗東の坂路、逍遙馬道で鍛え、札幌では、厩舎間の橋を往復して体力を強化した。現在は、美浦南馬場の地下馬道を、多い日で20回以上、登り下りしている。強い関西馬に負けない土台は築かれた。「弥生賞である程度、競馬で動ける態勢に持っていきましたからね。維持することに重点を置いている」大一番だからといって、慌てることは何もない。

 関東馬が無敗で皐月賞を勝てば、85年のミホシンザン以来。関東復権への第一歩となる。「繊細な面があるが、今の精神状態は、前走時よりいい。あとは力を信じるだけ。負けた時は、ロジユニヴァースより強い馬がいたと納得できるような状態で送り出したい」まずは目の前の1冠へ。萩原師は必勝態勢で臨む。

 ◆萩原 清(はぎわら・きよし)1959年、神奈川県生まれ。50歳。82年10月から美浦・橋本輝厩舎の厩務員として競馬サークルへ。96年に調教師免許を取得し、同年12月に開業。99年共同通信杯4歳S(ヤマニンアクロ)で、重賞初制覇を果たす。13日現在、JRA通算328勝(重賞9勝)。まだG1勝ちはなく、皐月賞は3度挑戦して、99年ヤマニンアクロ〈10〉着、04年メテオバースト〈6〉着、06年インテレット〈8〉着。

 ◆無敗で皐月賞を制した関東馬 1941年セントライト、42年アルバイト、51年トキノミノル、52年クリノハナ、73年ハイセイコー、76年トウショウボーイ、84年シンボリルドルフ、85年ミホシンザン。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター