FC2ブログ

【皐月賞】ロジユニヴァース豪快4馬身先着! 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

【皐月賞】ロジユニヴァース豪快4馬身先着!

【皐月賞】ロジユニヴァース豪快4馬身先着!

 牡馬クラシック3冠競走第一弾「第69回皐月賞」(GI、19日、中山11R、芝2000メートル)に向け、有力各馬が栗東、美浦のトレーニングセンターで追い切られた。

 先週の桜花賞は1強ムードだったが、牡馬クラシックは3強対決の構図。04年ダイワメジャー以来の関東馬制覇がかかる無敗のロジユニヴァースは美浦の南ウッドコースでの調整。

 2馬身先行する僚馬を追いかけ、途中、4馬身ほど開いたが、直線で並びかけると逆に4馬身突き放す豪快な併せ馬。馬場は深夜の大雨で悪化した状態だったが、馬なりのまま5F64秒2-4F49秒8-3F37秒7を軽々とマーク。ラスト1Fも12秒7と申し分ない伸び。完璧な状態で1冠獲りへ向かう。


 3強の一角アンライバルドは栗東のCウッドコースでの追い切り。

 1秒先に行くストラディヴァリオを追走し、4コーナーで追いつくと、鞍上のGOサインに素早く反応。並ぶ間もなく4馬身置き去りにする横綱相撲。時計も6F79秒5-5F64秒4-4F50秒6-3F37秒6-1F12秒4と文句なし。

 2歳王者のセイウンワンダーもCウッドコース。前走の弥生賞は太めの馬体で敗れたためか、中間からビッシリ乗り込まれている。この日も長めの7Fから95秒9-5F64秒3-4F50秒3-3F37秒0-1F12秒4を直線いっぱいに叩き出されてマークし、併せた相手に3馬身先着。すっきりした馬体から繰り出すフットワークは軽快そのもので、前走時とは雲泥の差。2歳王者の巻き返しは現実味を帯びてきた。

 3強のもう1頭、リーチザクラウンは木曜(16日)に追い切られる予定。

サンスポ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター