FC2ブログ

11秒8!伸びる!点火フィフス/皐月賞 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

11秒8!伸びる!点火フィフス/皐月賞

11秒8!伸びる!点火フィフス/皐月賞
2009年4月17日(金) 7時2分 スポーツニッポン


 「第69回皐月賞」の枠順が確定した16日、12番に決まったフィフスペトルは追い切りで切れのある動きを披露、万全の状態をアピールした。

 戦績を物語る軽快な脚さばき。フィフスペトルが躍動感あふれる動きで坂路を駆け上がった。ボーダレスワールド(4歳1600万)を1馬身追走。最初の1Fで14秒2とアイドリング代わりのラップを刻むと一気にギアチェンジ。馬体を並べ12秒7―12秒7で折り合うと、ゴール前は気合をつけられて再加速。11秒8を軽々とマークして半馬身先着でフィニッシュした。

 「折り合い重点の調教。あまり興奮させないように気をつけた。いつも通り、この馬にとっては当たり前の稽古ができた。休み明けを1度使っているし態勢は十分整った」

 加藤征師にとっても満足の行く最終追いだった。前走のスプリングSは追い込み届かずの3着だったが「道中で小さな不利が重なったレース」と師。大外を回すことになったが、それでも勝ったアンライバルドとはわずかに0秒2差。デビューからの連続連対記録は4でストップしたが、末脚の切れを再確認するには十分な内容だった。

 「気性が勝っていて、鞍上の指示に反応しすぎるところがある」と師が語るフィフス。短距離向きの激しい気性だけに、初の2000メートルに不安がないわけではない。だが、1200メートルの函館2歳S優勝後は1戦ごとに距離を延ばし、確実にクリアしてきた。中山はコーナーを4度回るまぎれの多いレイアウト。「うまく前に壁をつくれれば、こなせない距離ではない」と胸を張るのもうなずける。

 新コンビを組む安藤勝も加藤征厩舎の馬とは相性抜群。これまでにJRAのレースで95回コンビを組み【17111354】。3着内率は・432と5割に迫る。桜花賞をブエナビスタで制し、クラシック最高齢Vの記録を更新した熟練の手綱さばきで、3強ムードにくさびを打ち込む。
[ 2009/04/17 08:21 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター