FC2ブログ

【皐月賞】ワンダーの逆襲…見違える馬体 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

【皐月賞】ワンダーの逆襲…見違える馬体

皐月賞】ワンダーの逆襲…見違える馬体
2009年4月19日(日) 9時30分 デイリースポーツ

 「皐月賞・G1」(19日、中山)
 明らかに見た目が違ってきた。2歳王者セイウンワンダーは、約7時間のドライブを経て、18日の午後2時過ぎに中山競馬場に到着。洗い場につながれた馬体はうっすらとあばらが浮くほど、すっきりとしている。「弥生賞のときは下っ腹がたぷんたぷんだった。木曜の計量で512キロ。レース当日は510キロを切ってくるんじゃないですか。もちろん狙い通りです」。三津谷助手はうなずいた。
 前走は12キロの思わぬ体重増、526キロでの出走だった。結果、レースでは思うように動けず8着に敗退。「当日の計量で数字を見て、服部助手と目を合わせて黙り込んじゃいましたよ。過去に蹄球炎をやっているので慎重になり過ぎた」。そう話す横でワンダーはハミも外されていないまま、カチャカチャと青草を食べ続けている。その姿に「輸送減りしないし、食欲旺盛で油断するとすぐ太る」と苦笑いする。
 シェイプアップを狙って汗取りを着け、3週連続で長めからの追い切りを消化してきた。「追うごとに絞れてきたし、気合も表に出すようになった」と目に見えて変化したという。「心配は先入れの奇数枠だけ。ゲートの中で待たされると前がきを始めるんで。でも、この体なら前走のようなぶざまな走りはしないはず。まあ、人気も落ちて気楽にいけますよ」。世代唯一のG1馬が中山の大一番で逆襲を狙う。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター