FC2ブログ

【皐月賞】アンライバルド、父子Vで1冠! 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

【皐月賞】アンライバルド、父子Vで1冠!

【皐月賞】アンライバルド、父子Vで1冠!
2009年4月20日(月) 10時34分 サンケイスポーツ

 第69回皐月賞(19日、中山11R、GI、3歳オープン、せん馬不可、定量、芝・内2000メートル、1着本賞金9700万円、1~4着馬にダービー(5月31日、東京、GI、芝2400メートル)の優先出走権=出走18頭)馬名にふさわしい圧勝だ! 単勝3番人気のアンライバルドが直線で豪快に抜け出し、コースレコードにコンマ2秒差と迫る1分58秒7(良)で完勝した。岩田康誠騎手(35)は中央移籍後、初のクラシック制覇。ダービーで父ネオユニヴァースに続く2冠獲得を目指す。“3強”で断然人気に支持されたロジユニヴァースは14着、リーチザクラウンは13着と惨敗した。

 初夏を思わせるポカポカ陽気に包まれた中山競馬場。3強対決を楽しみに来場した7万超の大観衆は、アンライバルドの強さに度肝を抜かれた。

 圧巻だったのが4コーナーから直線の攻防だ。好位からレースを運んだロジユニヴァース、リーチザクラウンのライバル“2強”が伸びあぐねるのとは対照的に、中団外めを追走していたアンライバルドは岩田康誠騎手の仕掛けに弾かれたように即座に反応した。グンと加速すると先行勢を置き去りにして先頭へ。岩田はチラッと後方を確認すると内に進路を取り、あとは1冠のゴールへ突き進んだ。

 勝利の瞬間、岩田は歓喜の雄叫びを上げた。検量室前に引き上げてくると、左手に持っていたステッキを関係者に向かってヒョイと投げた。愛馬の首を2度両手で軽く叩くと、感謝と安堵の気持ちを伝えるように自分の顔を首に押しつけた。

 持ち前の瞬発力を最大限に生かす-。岩田はこの一点を肝に銘じてレースに臨んだ。「道中もしっかり折り合えた。勝負所で2回ぐらい行きそびれて“うわーっ”と思ったけど、少し早いかなと思いながら4角手前でGOサインを出すと、物凄い反応でまとめてかわしてくれた」。息を弾ませながらインタビューに答える姿は、1冠にかけた気迫と渾身の騎乗を感じさせた。「相手うんぬんよりも、この馬の競馬をするだけ。それだけを意識して乗った。この1週間緊張したけど、責任を果たせて良かった」。重圧から解放され、童顔に和やかな表情も浮かぶ。

 岩田のクラシック制覇は地方騎手時代の04年菊花賞(デルタブルース)以来2度目で、06年に中央に移籍してからは初勝利。皐月賞には2歳牡馬王者セイウンワンダーというお手馬もいた。苦渋の選択だっただけに、この勝利は格別だ。

 3強対決にケリをつけたアンライバルドは、ネオユニヴァースの初年度産駒で、父子での皐月賞制覇。日本ダービー(5月31日、東京、GI、芝2400メートル)では、父と半兄フサイチコンコルド(96年)に続く親子&兄弟制覇に挑む。「父も兄もダービー馬だし、ダービーの方がよりチャンスがあると思う。きょうは先を見据えて余裕を持たせた仕上げだった。課題は何もない」と友道調教師は2冠へ自信を見せる。

 「改めて能力の高さを確信できたし、随分お利口にもなった。距離も問題ないし、無事にダービーまで行ってくれればいい」と岩田も2冠奪取を意識する。

 「無敵」「ライバル不在」を意味するアンライバルド。1強をアピールしたネオ産駒は、コンビを組み4戦無敗の豪腕ジョッキーと競馬最高峰のダービーを獲りに行く。(片岡良典)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター