【天皇賞・春】獲物はひとつだ!銭形ライン  競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【天皇賞・春】獲物はひとつだ!銭形ライン 

天皇賞・春】獲物はひとつだ!銭形ライン 
2009年5月1日(金) 7時6分 スポーツニッポン



 前走・日経賞で重賞初Vを飾ったアルナスラインは坂路で気合十分の走りを披露した。

 坂路のモニター越しにビシッ、ビシッと音が響いてきそうなほど激しくステッキが入る。これに応えてアルナスラインが前2頭の間を割り、グイッと出た。4発の気合をつけられ、サワノパンサー(3歳未勝利)に首差先着。タイムは4F52秒8~13秒1。実戦を想定した中身の濃い最終リハーサルを消化した。

 上がり運動後に厩舎前の体重計へ。装鞍したままで560キロ。馬体をあらためて確認した田代助手は笑顔を見せた。「いい反応で抜け出す脚が速かった。見てもらえば分かるが、体の張りがいい。銭形(好調時に馬体に出る斑点)が浮き出てきた」。500キロ半ばの大型馬だけに、気温の上昇とともに体が絞れて調子を上げていく。昨年暮れの有馬記念や年明けのAJC杯では、調教でも活気に欠ける部分があった。「稽古でも動かず気がない感じだった。うるさいぐらいの方が走る。今は違うからね」

 3歳秋、休み明けの上に古馬初挑戦の京都大賞典で3着。続く菊花賞は、先に抜け出したアサクサキングスを猛烈に追い上げ、頭差まで迫った。松元師は「ようやく3歳時の迫力が戻ってきたね。イメージ通りの調教ができたし、この馬にすれば時計も十分に動いている。週末は天気は良さそうだし、チャンスはあると思う」と自信の表情だ。前走・日経賞で重賞初制覇。ここに来て心身ともに成長し、きっちりと結果を出した。1年半前の菊花賞で届かなかった頭差を埋める。
[ 2009/05/01 07:53 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。