【天皇賞・春】四位自信満々!キングス 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【天皇賞・春】四位自信満々!キングス

 昨年の借り、きっちり返済します!! 天皇賞・春の枠順が30日午後に確定し、アサクサキングスは〔8〕枠(17)番を引いた。1番人気で挑んだ昨年は3着に敗退したが、今年は前哨戦を含めGII連勝中の充実ぶり。同日朝に栗東トレセンでの追い切りに騎乗した四位洋文騎手も「今年こそは!」と闘志を燃やす。Vなら世界最高峰レース凱旋門挑戦プランもあり、夢の実現に向けて陣営も気合十分だ。

 5歳の今年は受けて立つ! 一昨年の菊花賞馬アサクサキングスが2度目の天皇賞・春に向けて終い重点ながら切れのあるフットワークを披露した。

 主戦の四位洋文騎手を背に栗東DWコースをひと回りキャンターで流した後、5、6馬身ほど先を進むヒラボクロイヤル(牡5、オープン)を目標にする形で序盤はゆったりと進む。直線でも鞍上の大きなアクションはなかったが、スッと半馬身前に出てゴール。6ハロン87秒0-70秒1-54秒7-40秒0-12秒2と時計が遅いため、スタンドから見届けた報道陣からは“軽すぎるのでは?”との疑問の声もあった。

 その点について、四位騎手は「きょうは前に1頭馬を置いて、いい形でフィニッシュできるようにと言われていた。(時計的に)物足りないと思うかもしれないが、終いは本当に良かった」と不安を吹き飛ばした。

 前走の阪神大賞典は苦手の重馬場と阪神の芝を克服して快勝。大久保龍志調教師は「精神的に切れることなく最後まで走れていた。古馬になって年相応の落ち着きが出てきたし、体質的にもしっかりしてきた」と成長ぶりに感心する。

 タフなレースだった反動に関しても「京都記念の後より長く休みをとったが、1カ月半ほど間隔があったのでその後は順調にこれた。JRAからお願いされてつけたハートレートモニターでも先週の時点で、いい数値が出ていると診療所から言われました」と好状態を伝える。枠順は〔8〕枠(17)番に決まったが、「外からかぶされないからいい。それに昨年も〔8〕枠の馬(アドマイヤジュピタ)が勝ったから」と寺島良調教助手はプラスにとらえる。

 前哨戦を快勝し、09年は2戦2勝だけに1番人気は確実だ。「マークされる立場だが、いい形で勝てれば。昨年は3着だったし、今年こそはという気持ち」と四位騎手は改めて気を引き締める。大久保龍師も「勝てばの話ですが、凱旋門(10月4日、仏GI、ロンシャン、芝2400メートル)も考えています」と夢プランの実現に力が入る。この1年で大きく成長したアサクサキングスが、堂々と春の盾をつかみに行く。(サンスポ)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。