ブレイクランアウト、皐月蹴っても東京ローテ!…10日・NHKマイルC 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブレイクランアウト、皐月蹴っても東京ローテ!…10日・NHKマイルC

ブレイクランアウト、皐月蹴っても東京ローテ!…10日・NHKマイルC
2009年5月5日(火) 8時0分 スポーツ報知

 ◆第14回NHKマイルC・G1(10日、東京競馬場、芝1600メートル) ブレイクランアウトは、2月に共同通信杯を勝ったあと、NHKマイルCだけに目標を絞って調整してきた。常識的には不利な休み明けだが、広い東京コースにこだわってのローテーション。休養期間に精神面が成長し、仕上がりも申し分ない。

 皐月賞には見向きもしなかった。ブレイクランアウトは、共同通信杯で重賞初制覇を飾ると、NHKマイルC→ダービーの“府中路線”に照準を定めた。「中山でリズムを崩すのが嫌だったので、結果を出した東京まで待った」と戸田調教師。約3か月、じっくり力を蓄えてきた。

 昨夏の新潟で新馬勝ちを飾ったあとは、消化不良のレースが続いた。いちょうS(4着)は直線で不利。東京スポーツ杯2歳Sは、スローペースで前残りの競馬になり、首差の2着。朝日杯FS(3着)は、直線で手前を替えず、大外を回るロスが響いた。そのうっぷんを晴らしたのが、前走の共同通信杯。東京コースに固執するのは、リズムを重視したからだった。

 共同通信杯のあとは、放牧に出すことなく、自厩舎で入念に調整。馬体を緩めず、疲労を取りながら課題の克服に努めてきた。「以前は、併せ馬で並ぶとフワッとする面があったけど、鞍上の指示に従って気を抜かずに走れるようになった」と戸田師は手ごたえを口にする。

 腰を据えて鍛えてきた効果は1週前追い切りにも表れていた。美浦のニューポリトラックコースでのシビルウォー(4歳1600万)との併せ馬は、4角手前で追い出すと、俊敏な反応を見せて1馬身先着。「もう少し我慢できれば良かったが、反応が良過ぎた」と戸田師が言うほどだった。

 仕上がりは文句なし。1週前の時点で、走ることへの欲求が体にみなぎっていた。「馬体重は変わらないが、精神的にメリハリがつけられるようになり、大人になっている」と指揮官は成長に自信を見せた。「いい結果を出して、ダービーにつなげたい」“変則2冠”制覇へ、準備は整っている。

 [ブレイクめも]
◆休み明け 過去、NHKマイルCで連対した26頭の中で、前走との間隔が最も長かったのは、98年2着のシンコウエドワード。前年12月のひいらぎ賞(1着)以来だった。その他の馬は、いずれも3月か4月に使われている。
◆共同通信杯優勝馬 98年エルコンドルパサー、00年イーグルカフェが出走し、いずれも優勝。ともに、ブレイクランアウトと同じ外国産馬だ。
◆ユタカ騎乗 武豊は、このレースで【3028】の成績。97年シーキングザパール、01年クロフネ、06年ロジックで優勝している。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。