エスポワールシチーG1初V…交流G1かしわ記念 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エスポワールシチーG1初V…交流G1かしわ記念

エスポワールシチーG1初V…交流G1かしわ記念
2009年5月6日(水) 8時0分 スポーツ報知

 交流G1の第21回かしわ記念(ダート1600メートル、13頭立て)が5日、船橋競馬場で行われた。前半は中団につけたJRAのエスポワールシチー(佐藤哲)が直線で抜け出し、G1初制覇。史上初のG1・8勝目を目指したカネヒキリは、3/4馬身差の2着に終わった。

 うなりを上げて、エスポワールシチーが先行集団を飲み込んだ。直線の入り口で先頭に立つと、勢いの違いは歴然。追いすがるカネヒキリを悠々と退けて、初のG1勝ちを決めた。

 「むちゃくちゃ、うれしい」佐藤哲は喜びを爆発させた。いつもの先行策ではなく、向こう正面では7番手。それでも能力発揮に支障はなかった。「ああいう形も考えていた。今日は気合の入るところと、抜けるところの幅が広かったからね」馬の気に任せ、外からひとまくり。戦法の幅を広げての勝利でもあった。

 G1・8勝の新記録がかかったカネヒキリを抑え、世代交代を告げる勝利。今後については、帝王賞(6月24日、大井)に向かうか、放牧でさらに成長を促すか、2つのプランがある。「ようやく完成の域に入った。これからは、強いエスポワールシチーをいつも見せたい」と佐藤。ダート界に、新しいヒーローが誕生した。
[ 2009/05/07 07:07 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。