フィフスペトル“マイル仕様”12秒1…NHKマイルC追い切り 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フィフスペトル“マイル仕様”12秒1…NHKマイルC追い切り

フィフスペトル“マイル仕様”12秒1…NHKマイルC追い切り
2009年5月8日(金) 8時1分 スポーツ報知

 ◆NHKマイルC追い切り(7日) 3歳マイル王へ、東西トレセンで7日、有力候補2頭が追い切られた。美浦では、皐月賞7着からの巻き返しを図るフィフスペトルが、坂路を軽快なテンポで駆け上がった。丸みを帯びたその体は、マイル戦での切れ味アップを印象付けた。一方、栗東では、雨でぬかるんだ坂路をアイアンルックが疾走。併走馬を3馬身も切り捨て、06年ロジック以来、3年ぶり2勝目を狙う橋口調教師を喜ばせた。

 リズミカルなフットワークで一気に駆け上がるフォームが、見る者のスピード感覚を狂わせた。坂路を69秒5(4ハロン)で上がり、ウオーミングアップを済ませたフィフスペトルは、1回目と変わらない感じでスタートした。

 ところがどうだ。400メートルを過ぎ、傾斜が最もきつい区間に入っても、手応えは楽なまま。その速さがモニター画面から伝わってきたのは、残り1ハロン地点。鞍上のゴーサインに、スッと脚を伸ばした時だ。終わってみれば4ハロン52秒1-37秒5。ラスト1ハロン12秒1の時計が刻まれていた。

 「見た目より時計が出てたでしょう? それは状態がいい証拠。最後もピリッとしていたし、予定通りの追い切りができた」。加藤征調教師は開口一番、万全の状態をアピールした。全体の時計は、休養後の2戦(49秒2と51秒4)より遅かったが、トレーナーは「ハミをしっかり取って走っていたので問題ない」と一笑に付した。

 皐月賞から中2週。わずかな期間の中で、“マイル仕様”にモデルチェンジを図った。「前走は、2000メートルに対応させようとして調教で体(8キロ減の448キロ)を絞った。今回は、ひと回りふっくら仕上げたつもり」と加藤師。その効果で、調教でも切れ味が問われるマイル戦向きの走りに変わってきたという。

 2歳時に1200メートルの函館2歳Sを優勝。距離が延びたその後は勝ち星がなく、1800メートルのスプリングSが3着、3冠の第一関門も7着。短距離向きのメージが強いが、トレーナーはきっぱり否定した。「みんなは意識し過ぎているみたいだけど、そんなことはない。一瞬、燃えるというか、グッと出ようとするところはあるけどね」

 手綱は、前走に引き続き安藤勝に託された。「2回目でこの馬のことはつかんでくれていると思う。状態に関してはこれ以上ないというくらい」と指揮官。春の天皇賞(1着マイネルキッツ)に続き、主役を務めるのは今週も関東馬だ。
[ 2009/05/09 07:44 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。