【ヴィクトリアM】ウオッカ負けない! 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ヴィクトリアM】ウオッカ負けない!

【ヴィクトリアM】ウオッカ負けない!
2009年5月12日(火) 10時2分 デイリースポーツ

 「ヴィクトリアM・G1」(17日、東京)
 天皇賞・春、NHKマイルCと2週連続で2けた人気馬が勝利。波乱が続く春のG1戦線だが、ウオッカがその流れに大きく立ちふさがる。ドバイ遠征の疲れを感じさせない、豪快な動きをこの中間は披露。馬体細化に悩んだ昨年当時に比べ、状態は雲泥の差だ。ヴィクトリアマイル→安田記念の府中マイルロードで女王の強さを見せつける。
  ◇  ◇
 昨年の年度代表馬、ウオッカが09年の国内初戦を迎える。昨秋の天皇賞で競馬史に残る死闘を演じた同期のダイワスカーレットとともに、牝馬の枠を超え、歴史を塗り替えてきた女傑。宿命のライバルがターフを去ったいま、女同士の戦いに敗れるわけにはいかない。G1・5勝目をかけ、府中へと乗り込む。
 2年連続のドバイ遠征は前哨戦のG2・ジュベルハッタで5着。G1・デューティフリーでも7着に敗れて、世界に“VODKA”の名を刻むことはできなかった。清山助手は「いい状態でしたが、世界は広いですね」と残念がる。ただ、挑戦を続ける“チーム・角居”はひたすら前を向く。
 帰国後は1週間の輸入検疫後、滋賀県のグリーンウッドで3週間の着地検疫を経て、4月30日に栗東に帰厩した。ドバイからヴィクトリアマイルのローテは昨年同様。しかし、「今年は馬をつくりやすい」と話す。昨年の同レースは2着だったが、自身、過去最低の馬体重となった478キロでの出走。馬体細化が敗因のひとつとなった。先週の木曜の計量では502キロ。「1年で精神面の強さを身につけてくれた」と成長に目を細める。
 1週前追いは栗東CWで5F63秒3-36秒7-11秒6の猛時計を余力を残したままマーク。騎乗した武豊は「動きはすごいですね。ますます前走が“なんでだろう”と思った」と好調ぶりを肌で感じている。マイル戦は過去に〈5300〉のパーフェクト連対。G1・3勝の府中と同条件は最も能力を発揮できる舞台といっていい。清山助手は「瞬発力が素晴らしい。大きなフォームなので彼女の走りには一番合っている」と分析する。昨年2着の借りを返して、続く安田記念での連覇挑戦へ。春の府中で女王がその存在感を示す。
[ 2009/05/12 20:29 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。