完成4歳!リトルアマポーラ正攻法…ヴィクトリアマイル 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

完成4歳!リトルアマポーラ正攻法…ヴィクトリアマイル

完成4歳!リトルアマポーラ正攻法…ヴィクトリアマイル
2009年5月13日(水) 8時0分 スポーツ報知

 ◆第4回ヴィクトリアマイル・G1(17日、東京・芝1600メートル) ヴィクトリアマイルは、4歳馬が圧倒的に強いレース。過去3回の連対馬6頭のうち、5頭を占めている。今年は、リトルアマポーラ(エリザベス女王杯)、レジネッタ(桜花賞)と、2頭のG1馬が参戦。中でもリトルアマポーラは、同じ条件で行われたクイーンCを勝っており、コース相性も「◎」だ。

 今年の牝馬路線は、私が引っ張る-。充実ぶりを見せているのが、リトルアマポーラだ。昨年の牝馬3冠は〈5〉〈7〉〈6〉着。オークスで1番人気に推されるなど、周囲の期待は大きかったが、勝ち切れず終わった。それでも、11月のエリザベス女王杯で古馬を倒して優勝。最後に“頂点”を極めた。

 「長くいい脚を使うのが特徴だが、上がり3ハロン34秒を切るような脚はない。だから、エリザベス女王杯は位置取りがうまくいったということだろうね。いつもより前で、同じ脚を使ったから」と長浜調教師。持ち味の総合力を生かすには、ある程度前に行く競馬が合うということだろう。

 その点で、今年初戦のマイラーズCは、7着でも意義のあるレースだった。スローペースとはいえ、先行して上がり33秒6をマーク。「放牧からいい状態で帰って来ていたが、少しイレ込んでしまった。具合良く行き過ぎたね。それでも、今までにない上がりを使ってくれた」切れ味を増したのは、大きな強みだ。

 いい形で終えた前哨戦の状態を中間も維持。「全体に大人の馬になっている。先週の追い切りの動きも良かったし、今すぐに競馬が来てもいいくらい」とトレーナーは万全を強調する。過去3年の連対馬6頭のうち、5頭が4歳馬。今回は、大挙8頭が出走する見込みだが、その中でも、ひときわ存在感が大きい。

 東京・芝1600メートルは、昨年2月のクイーンCで重賞初制覇を果たした舞台だ。「この馬は、絶対的なスピードはないと思っている。ただ、東京のマイルは合うね」速さだけで押し切れないタフなコースは望むところ。ウオッカをはじめ強敵がそろうが、正攻法で堂々と挑む構えだ。
[ 2009/05/13 12:23 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。