【ヴィクトリアM】衰えなし!8歳ジョリーもうひと花 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ヴィクトリアM】衰えなし!8歳ジョリーもうひと花

【ヴィクトリアM】衰えなし!8歳ジョリーもうひと花
2009年5月15日(金) 10時37分 サンケイスポーツ


 引退予定の阪神牝馬S圧勝で現役続行となったジョリーダンスが14日、美浦Wコースで追い切りを行った。4ハロン53秒0、終い12秒6を馬なりでマークし、先行する僚馬に1馬身先着。ゴール後も2ハロン以上流し、8歳でも元気が充満。人気薄で好走歴の多い“意外性の女”が、ウオッカを筆頭とした強豪相手にどこまで迫れるか!

 雨上がりで涼しさが残る午前6時過ぎ、ジョリーダンスが南スタンド前に姿を現した。

 内馬場の植え込みを周回して体をほぐしてから南Wコースへ。終始馬なりで直線では、2馬身先行していた外ポパイザセーラマン(牡5、500万下)との差を一気に縮めて、スッと横につける。ワンテンポおいて三浦騎手(実戦は四位騎手)の手が軽く動くと、素速く反応して4ハロン53秒0-38秒1-12秒6で1馬身先着した。圧巻はその直後だ。クールダウンのためゴール後に多少流す場合もあるが、ジョリーの勢いは衰えぬまま2ハロン以上進んだ所でようやく走りを止めた。

 併せたポパイに騎乗していた菅沼調教助手は「やりすぎでしたね」と苦笑いだったが、すぐ息も入り、元気いっぱいの様子。三浦騎手は「前回乗った時(阪急杯6着)よりも確実に力をつけています」と本番では敵になるジョリーを評価。菅沼助手も「全体的に弾力性があり、特にトモが力強い。年齢的な衰えもありません。今までで一番の状態です」と8歳を迎えても健在な姿に好走を意識する。

 2年前にヴィクトリアマイルで5着に敗れたことを、堀調教師は「上がり3ハロン32秒9の脚を使っても届かなかった」と今でも悔しがる。昨年は7着。今回は引退レースの予定だった前走のサンスポ杯阪神牝馬Sを快勝。その豪快な勝ちっぷりに、オーナー側から現役続行の要望もあり引退を撤回。3年連続での挑戦を決めた。

 円熟味を増した芦毛のジョリーダンスが、悲願のGIを目指し府中の長い緑の絨毯を真一文字に駆け上がる。(松永昌也)
[ 2009/05/15 19:03 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。