スズカコーズウェイ重賞初V…京王杯SC 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スズカコーズウェイ重賞初V…京王杯SC

スズカコーズウェイ重賞初V…京王杯SC
2009年5月17日(日) 8時0分 スポーツ報知

 ◆第54回京王杯SC・G2(16日、東京競馬場、芝1400メートル、良) 8番人気のスズカコーズウェイ(後藤)が直線抜け出し、3度目の挑戦で重賞初制覇。1番人気に推されたスマイルジャックは、7着に終わった。

 これが、準オープンを勝ったばかりの馬のレース運びか。直線坂下。じっと中団で機をうかがっていたスズカコーズウェイが、馬場の真ん中をグイグイ伸びてきた。

 「強いことは分かっていた。伸び脚で負けないエネルギーがあったから、自信を持って追った」と後藤。人気を集めたトウショウカレッジ、ファリダットの追撃をきっちり抑えて、重賞初制覇だ。

 「ユタカさん(前走1着時に騎乗した武豊)から、自転車より乗りやすいと言われたけど、やっぱり自転車以上だった」と周囲を笑わせた後藤だったが、すぐに真顔で「いいものを持っている。これから伸びていく馬」と素質に太鼓判を押した。

 目指すはもちろん、春のマイル王決定戦の安田記念(6月7日、東京)だ。橋田調教師は「行くしかないでしょう。素直で乗りやすい馬だし、抜け出す脚に磨きがかかってきた」と遅咲きの5歳馬に目を細めた。

 ◆スズカコーズウェイ 父ジャイアンツコーズウェイ、母フレンチリヴィエラ(父フレンチデピュティ)。牡5歳の栗毛。戦績21戦6勝。総収得賞金1億7081万4000円。重賞初制覇。生産者・北海道新ひだか町のグランド牧場。馬主・永井啓弐氏。栗東・橋田満厩舎所属。
[ 2009/05/17 11:28 ] 競馬結果 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。