プリークネスS、牝馬レイチェルアレクサンドラが85年ぶり快挙 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プリークネスS、牝馬レイチェルアレクサンドラが85年ぶり快挙

プリークネスS、牝馬レイチェルアレクサンドラが85年ぶり快挙
2009年5月17日(日) 11時50分 netkeiba.com

 現地時間16日、米・ピムリコ競馬場で行われた米3冠第2弾・第134回プリークネスS(3歳、米G1・ダート9.5f、13頭立て)は、C.ボレル騎手騎乗の1番人気レイチェルアレクサンドラ Rachel Alexandra(牝3、米・S.アスムッセン厩舎)が、スタートから先手をとると、直線に入って早めに後続を突き放し、ケンタッキーダービー馬マインザットバード Mine That Birdの追撃を1馬身差抑え逃げ切った。勝ちタイムは1分55秒08(良)。さらに1/2馬身差の3着にマスケットマン Musket Manが入った。

 勝ったレイチェルアレクサンドラは、父Medaglia d'Oro、母Lotta Kim(その父Roar)という血統の米国産馬。昨年5月にデビューし、2戦目で初勝利。昨年11月のゴールデンロッドS(米G2)で重賞初制覇を果たすと、フェアグラウンズオークス(米G2)、ファンタジーS(米G2)も制し、前走のケンタッキーオークス(米G1)はレース史上最大着差となる20.1/4馬身差をつけて圧勝していた。前走後、売却され馬主が変更されたことに伴い、H.ウィギンス厩舎から現厩舎へ移籍していた。通算成績11戦8勝(重賞5勝)。

 牝馬がプリークネスSを制したのは1924年のネリーモース Nellie Morse(ベガやバンブーエールなどの祖)以来85年ぶり5頭目。また、鞍上のC.ボレル騎手はマインザットバードでケンタッキーダービー(米G1)を制しており、同年の牡馬2冠を異なる馬で制したのは史上初の快挙となった。
[ 2009/05/17 15:36 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。