ウオッカ、7馬身差で圧勝 GI5勝目で春の女王に=ヴィクトリアマイル 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウオッカ、7馬身差で圧勝 GI5勝目で春の女王に=ヴィクトリアマイル

ウオッカ、7馬身差で圧勝 GI5勝目で春の女王に=ヴィクトリアマイル
2009年5月17日(日) 15時57分 スポーツナビ


 JRA春の女王決定戦・第4回GIヴィクトリアマイルが17日、東京競馬場1600メートル芝で開催され、断然の1番人気に支持された武豊騎乗の2008年度代表馬ウオッカ(牝5=角居厩舎)が2着に7馬身差をつけて優勝。06年GI阪神JF、07年GI日本ダービー、08年GI安田記念、08年GI天皇賞・秋に続くGI5勝目を挙げた。勝ちタイム1分32秒4はレースレコード。
 なお、騎乗した武豊、同馬を管理する角居勝彦調教師ともにヴィクトリアマイルは初勝利となる。

 一方、7馬身差の2着には11番人気のブラボーデイジー、さらに1馬身差の3着には7番人気のショウナンラノビアが入線。また、昨年の最優秀3歳牝馬でGIエリザベス女王杯勝ち馬のリトルアマポーラは6着、06年二冠牝馬のカワカミプリンセスは8着、昨年のGI桜花賞馬レジネッタは16着にそれぞれ敗れた。

※結果、成績などのデータは、必ず主催者であるJRA発行のものと照合し確認してください。
※レース格付けは従来のもので表記しています。
[ 2009/05/17 17:32 ] あ行の競走馬 ウオッカ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。