【オークス】1強待った!松岡ホシーノ強気 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【オークス】1強待った!松岡ホシーノ強気

オークス】1強待った!松岡ホシーノ強気
2009年5月19日(火) 11時48分 サンケイスポーツ


 ブエナビスタ1強ムードに敢然と立ち向かおうとしているのがハシッテホシーノだ。デビューから4戦、すべて東京コースでのレースに出走しており、3戦目にはオークスと同じ舞台で牡馬相手に完勝。コース経験と距離適性という2つの武器で打倒ブエナビスタを決めてみせる。

 ブエナビスタ断然ムードの中、強気に構えているのがハシッテホシーノの松岡正海騎手だ。前走のサンスポ賞フローラSは、何としても3着以内でオークスの優先出走権を獲得しなければならないレースだった。そんなプレッシャーの中でもハシッテホシーノは6番手追走から直線で力強く伸び、勝ったディアジーナに寄られて窮屈になるシーンもありながら、怯まずに3着とオークスへの切符を獲得した。

 「前走はそれまであまり急かす競馬をしていなかったので、ある程度出して行って流れに乗せる競馬をしました。きちんとできていたし、収穫のあるレースだったと思います」

 松岡は内容を高く評価している。体重が4キロ減っていて馬体の成長という点で物足りなさが残っていたが、この点も問題なくなった。13日にはWコースで松岡が騎乗して6ハロン84秒8をマークして、併せた古馬に3馬身先着。「競馬を使った後の方がカイバを食べているし、体調は確実にアップしていると思います。食欲があるということは、内臓的にも肉体的にも疲れが抜けている証拠」と手塚調教師は、前走での馬体減の反動はまったくないと言い切る。

 ブエナビスタはこれまで5戦がすべて右回りで、距離経験も新馬戦の1800メートルが最長で3着。逆にハシッテホシーノはすべて東京コースで、3戦目の500万下ではオークスと同じ舞台の2400メートルで牡馬を相手に勝利を飾っており、オークス適性という点ではブエナを遥かに上回る。「東京の2400メートルはもってこいの舞台です。ボクの馬は勝っていますからね。折り合いがつくし、乗りやすい馬です。競馬に対してはまったく不安がありません」と松岡も自信を見せている。

 2400メートルを勝っているという大きなアドバンテージがあるだけに“勝負に絶対はない”を、松岡・ハシッテホシーノが改めて証明しても不思議ない。
[ 2009/05/19 13:00 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。