新種牡馬勝ち上がり第1号はウインラディウス 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新種牡馬勝ち上がり第1号はウインラディウス

新種牡馬勝ち上がり第1号はウインラディウス
2009年5月22日(金) 11時46分 netkeiba.com


 21日、門別競馬場で行われた8R・JRA認定フレッシュチャレンジ(2歳、ダート1200m)で、ウイニングリーダー(牡2、北海道・角川秀樹厩舎)が2番手追走から後続に2.6秒の大差をつけて圧勝。同馬の父ウインラディウスは、今年の新種牡馬として勝ち上がり第1号となった。

 ウインラディウスは、父サンデーサイレンス、母ジョウノマチエール(その父マルゼンスキー)という血統。現役時代は04年東京新聞杯(GIII)、04年京王杯スプリングC(GII)、05年富士S(GIII)と重賞を3勝。06年1月の東京新聞杯11着を最後に通算成績32戦9勝で引退し、北海道新冠町の優駿スタリオンステーションで種牡馬生活をスタートさせている。なお、初年度は19頭が血統登録されている。
[ 2009/05/22 15:20 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。