蛯名「ダービージョッキー」へ17度目の予感 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

蛯名「ダービージョッキー」へ17度目の予感

蛯名「ダービージョッキー」へ17度目の予感
2009年5月27日(水) 8時0分 スポーツ報知

 40歳のベテラン蛯名が、ナカヤマフェスタで悲願のダービー制覇に挑む。昨秋の東京スポーツ杯2歳Sを含め、東京コースでは2戦2勝。順調さを欠いた皐月賞は8着に敗れたが、今回は、すべての面で条件が好転する。17回目のダービー参戦。名手は、キャリアのすべてをパートナーに注ぎ込む。マッハヴェロシティの柴田善も、これまで14回騎乗して未勝利。競馬学校の同期生である武藤調教師の管理馬で、夢の“金メダル”を目指す。

 騎手ならば、誰もが手にしたい「ダービージョッキー」の栄誉。蛯名にとっては、これが17回目の挑戦となる。

 初めての騎乗は、デビュー5年目の91年。シャコーグレイドに騎乗して8着だった。「ダービーってすげえ」という気持ちと、勝ったトウカイテイオーの強さだけが印象に残った。その後は、92、94年の2年を除いて毎年参戦。現役では、武豊(今年21回目)に次ぐ騎乗回数となった。「やっぱり雰囲気が違うからね。毎回、ゾクゾク来るものはあるよ」。1700勝をマークする名手にとっても、ダービーは別格だ。最高着順は、ハイアーゲームに騎乗した04年の3着。ナカヤマフェスタで臨む今回、当時に匹敵する手応えを感じている。

 1月の京成杯からぶっつけで臨んだ皐月賞は8着。それでも、悲観はしていない。「1けたの着順でゴールできたことで、望みをつないだと思っている。京成杯のあと、無理に使わなかったのは良かったと思うし、前回よりも調子が上がっているのは確かだからね」。初めてまたがった時に感じた「オッと思う伸び」が戻ってきたという。

 東京では2戦2勝。左回りに替わるのは、何よりのプラス材料だ。「走りやすいんだろうね。適度にハミを取るし、手前をスッと替えてくれるので、伸び方が違う。33秒台で上がる脚を持っているだけに、状態さえ良ければ人気馬ともいい競馬ができると思う」。関東に、現役のダービージョッキーはゼロ。流れを変えたいという思いは、誰よりも強い。
[ 2009/05/27 11:56 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。