リーチザクラウン武豊騎手「逃げることも考えている」 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リーチザクラウン武豊騎手「逃げることも考えている」

リーチザクラウン武豊騎手「逃げることも考えている」
2009年5月27日(水) 16時8分 netkeiba.com


 27日、栗東トレーニングセンターでは日本ダービー(GI)に出走を予定している各馬が追い切りを消化。有力馬の関係者が会見を行い、ダービーへの意気込みを語った。リーチザクラウン、アプレザンレーヴ、ジョーカプチーノの関係者コメントは以下の通り。

【リーチザクラウン・武豊騎手】
「前走ではいい騎乗ができず、中途半端なレースになってしまった。脆さを見せる結果となったが、この馬にはハマったときの強さがある。ダービーでは逃げることも考えているが、決めつけてはいない。皐月賞は大きなレースだが、ダービーが目標なので、思い切って乗りたい」

【アプレザンレーヴ・池江泰郎調教師】
「併せた馬より、あまり離れないようにという指示をした。(普段の調教ではあまり動かないが)今日は気分よく走っていて、いい調教ができたと満足している。(前走の青葉賞は)出てくるときに窮屈になったりと、苦労していた。あれを抜けたのだからいい根性をしている。馬にとってもいい経験となった。東京2400mを経験しているのは強みで、前走のようなレースをしてくれたら。枠に神経は使わなくていい馬。引いた枠が、この馬の運命だろう。力のある馬なので、道悪は対応してくれると思う。相手が強い馬なので、そこでどういうレースをするか。皐月賞組にどれだけ近付けるか力比べだ」

【ジョーカプチーノ・中竹和也調教師】
「動きはよかったし満足しているが、やや前走より道中で行きたがった感じ。これは、前走からDWを使い始め、今回の調教で同じコースを使うのが3度目になるため。馬が『このコースに行ったら速い時計を出すんだ』と覚えてきたからだろう。状態は万全、何の心配もしていません。いい状態で出せると思う。重馬場は小倉で経験しているし、プラス800mを保つだけのエネルギータンクがある。あとは、エネルギーを無駄なく使えれば。作戦は枠が決まってからにしようとジョッキーと話しているが、枠は内外というより、あまり行く馬の隣には入りたくない。直線を向くまで、折り合いよく行ってくれれば満足だ」

【ジョーカプチーノ・藤岡康太騎手】
「今日の調教では、NHKマイルCから間もないので、どれぐらい状態が戻っているのかを確認したかった。動きはとても良かったし、文句なし。距離は初めてなので、やってみないと分からないが、それも折り合い次第。この前のNHKマイルCのようなレースができれば。ポジションはそれほどこだわっていない。前走で強い勝ち方をしたし、東京は相性がいい。ファルコンSでは馬群の中の競馬を経験したし、スピードだけでなくパワーもある馬。乗りやすく、長くいい脚を使えるし、能力が高い。小さな頃から競馬を見てきて、ダービーは夢の舞台だと思っていた。こんなに早く乗せてもらえるチャンスが来るとは思っていなかった。今は緊張より、楽しみの方が上回っている」
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。