【日本ダービー】アンライバルド死角なし 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【日本ダービー】アンライバルド死角なし

【日本ダービー】アンライバルド死角なし
2009年5月31日(日) 9時20分 デイリースポーツ


 「日本ダービー・G1」(31日、東京)
 いざ2冠獲りへ、皐月賞馬アンライバルドは、午後3時47分に東京競馬場に到着した。馬運車から降りてくる姿は迫力十分。はち切れんばかりの馬体、グッと首を丸く曲げて、気合をにじませる。「道中は何事もなく来たから大丈夫」と杉村助手は胸を張った。
 出来は万全だ。「ケイコの動きとか、総合的に皐月賞以上。若駒SからスプリングSのときにグーンと上がって、皐月賞、ダービーと上がってきた。ピーク手前のギリギリくらい」。中間は運動量を増やしてきたが、ハードな追い切りもクリア。きっちり“ダービー仕様”に仕上がった。
 不安は何もない。大外枠の(18)番も大歓迎。「絶好枠だね。道中の不利が一番怖かった。ここなら岩田くんも考えないで乗ることができる」と杉村助手。外からかぶせられる心配もなく、自分のリズムで運びやすい。「ゲートをポンと出て、流れについて行けば、あとは直線でドキューン」。皐月賞で見せた驚異の切れ味を全開させる。
 馬場が渋ってもOK。緩い馬場だったスプリングSで証明している。「血統からも道悪は鬼だし、なおかつ瞬発力もあるからビックリするね。鬼に金棒」。死角は見当たらない。84年シンボリルドルフ-91年トウカイテイオー以来、史上2組目となる父子2冠、57年ヒカルメイジ-59年コマツヒカリ以来、50年ぶり史上3組目となる兄弟Vの偉業達成へ。あとはゲートインを待つばかりだ。
[ 2009/05/31 10:47 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。