横山典弘騎手、悲願のダービー制覇 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

横山典弘騎手、悲願のダービー制覇

横山典弘騎手、悲願のダービー制覇
2009年5月31日(日) 17時28分 netkeiba.com


●横山典弘騎手
 日本ダービー15回目の騎乗にして初勝利。90年メジロライアン、03年ゼンノロブロイ、04年ハーツクライと3度の2着があった。セイウンスカイで98年皐月賞、菊花賞を制しており、牡馬クラシックは完全制覇となる。JRA・GIは04年天皇賞・春(イングランディーレ)以来約5年ぶりとなる通算16勝目。JRA重賞は中山牝馬S(GIII、キストゥヘヴン)に続く今年7勝目、通算113勝目。

●萩原清調教師
 JRA・GI初勝利。JRA重賞は今年の弥生賞(GII、ロジユニヴァース)に続く今年2勝目、通算10勝目。

●ネオユニヴァース産駒
 アンライバルドの皐月賞に続くGI・2勝目。初年度産駒が牡馬クラシック2冠を制すという快挙を果たした。JRA重賞は通算6勝目。新種牡馬産駒が日本ダービーを制した例には07年ウオッカ(父タニノギムレット)、95年タヤスツヨシ(父サンデーサイレンス)などがある。

 なお、ネオユニヴァースは03年の日本ダービー優勝馬。ダービー父仔制覇は、02年タニノギムレット・07年ウオッカに続く史上6組目となる。

●馬主・久米田正明氏
 JRA・GI初勝利。JRA重賞は4勝目で、すべてロジユニヴァースでのもの。現3歳世代が初めて所有した世代だった。

●生産者・ノーザンファーム
 05年ディープインパクト以来の日本ダービー制覇。JRA・GIは桜花賞、オークス(いずれもブエナビスタ)に続く今年3勝目。

●関東馬の勝利
 97年サニーブライアン以来12年ぶり。また、関東馬の牡馬クラシック制覇はダイワメジャーによる04年皐月賞以来となる。

●勝ちタイム
 勝ちタイム2分33秒7(不良)は、今年を含めた過去40年で最も遅いタイム。2分30秒を超えたのは85年シリウスシンボリによる2分31秒0(重)以来24年ぶりとなる。日本ダービーが不良馬場で行われたのはダイシンボルガードが勝った69年(勝ちタイム2分35秒1)以来40年ぶり。

●2番人気
 2番人気馬の勝利は99年アドマイヤベガ以来10年ぶり。

●1番人気
 1番人気アンライバルドは12着に敗退。1番人気馬が着外に敗れたのは07年フサイチホウオー(7着)以来。

●馬名の由来
 冠名+父名の一部

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。
[ 2009/06/01 07:20 ] 騎手 横山典弘 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。