目黒記念、ミヤビランベリが5馬身差圧勝 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

目黒記念、ミヤビランベリが5馬身差圧勝

目黒記念、ミヤビランベリが5馬身差圧勝
2009年5月31日(日) 17時43分 netkeiba.com


 31日、東京競馬場で行われた第123回目黒記念(3歳上、GII・芝2500m)は、北村友一騎手騎乗の8番人気ミヤビランベリ(牡6、栗東・加藤敬二厩舎)が、好位の内追走から抜け出すと後続を突き放し、1番人気ジャガーメイルに5馬身差をつけて圧勝した。勝ちタイムは2分39秒0(不良)。さらに2馬身差の3着に17番人気ハギノジョイフルが入り、3連単は637,440円の高配当となった。

 勝ったミヤビランベリは、父オペラハウス、母がJRA1勝のアステオン(その父ホリスキー)という血統。06年5月のデビューから2戦目で初勝利を挙げ、7番人気で出走した昨年の七夕賞(GIII)で重賞初制覇。サマー2000シリーズのチャンピオンに輝いた。今年に入ってからは中山金杯(GIII)3着、小倉大賞典(GIII)3着、前走の新潟大賞典(GIII)6着という成績だった。通算成績17戦5勝(重賞2勝)。

 鞍上の北村友一騎手はシェーンヴァルトで制した昨年のデイリー杯2歳S(GII)以来となるJRA重賞2勝目。管理する加藤敬二調教師はミヤビランベリで制した昨年の七夕賞以来のJRA重賞制覇で、通算23勝目となった。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。
[ 2009/06/01 07:21 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。