アンライバルド岩田騎手「直線ではヘロヘロ」 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アンライバルド岩田騎手「直線ではヘロヘロ」

アンライバルド岩田騎手「直線ではヘロヘロ」
2009年5月31日(日) 18時37分 netkeiba.com

 31日、東京競馬場で行われた第76回日本ダービー(GI)の関係者コメントは以下の通り。

1着ロジユニヴァース(横山典弘騎手)
 馬場も悪いし、とにかく馬に負担を掛けずに乗ろうと思っていた。必死で追った。よく馬は辛抱した。しかし、オレは情けない。馬の状態はあまり良くないと思っていた。馬のことを信じてやれなかった。申し訳ないことをした。皐月賞が終わって「今年もダービーは厳しいかな」と思っていたんだ。それが終わってみればこの勝利だ。馬に助けられたよ。

(萩原清調教師)
 雨は運命と思って、あまり考えなかった。皐月賞は仕事として失敗した。ダービーを勝ったことで、それがさらに浮き彫りになった気がする。これで結果が出たとは思わない。この馬のいい状態を少しでもつかむことが出来た気がするので、この勝利を生かしていきたい。

2着リーチザクラウン(武豊騎手)
 あそこまでいったら勝ちたかった。折り合いがつき、皐月賞とは全く違うレースが出来た。雨はねえ…。土曜日くらいの馬場だったら良かったのだが。

3着アントニオバローズ(角田晃一騎手)
 ダービーを勝つために全てを準備してきただけに残念。3コーナーでやや脚を取られたが、それはどの馬も一緒だから。まじめに走っているし、本当に成長している。秋にまた期待したい。

4着ナカヤマフェスタ(蛯名正義騎手)
 最後まで伸びているし、よく頑張った。走りにくそうだったが最後まで頑張っていた。

5着アプレザンレーヴ(内田博幸騎手)
 道中のポジションは良かった。4コーナーでは馬場のいいところをと思って外に出したが、伸びなかった。

12着アンライバルド(岩田康誠騎手)
 馬場の影響が大きかった。ここまで泥んこになると、さすがに厳しい。3コーナー過ぎから下を気にしはじめ、直線ではヘロヘロ。せめて午前中の馬場状態で競馬をしたかった。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。