【安田記念】スカイ、ウオッカ倒す! 競馬情報 無料ニュース【レース映像あり】

重賞レース・新馬戦(メイクデビュー)を中心に、レース映像つきで最新ニュースを無料にてお届け。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【安田記念】スカイ、ウオッカ倒す!

安田記念】スカイ、ウオッカ倒す!
2009年6月2日(火) 9時30分 デイリースポーツ

 「安田記念・G1」(7日、東京)
 打倒ウオッカ、そして夢のプラン決行へ-。昨年のダービー馬・ディープスカイが、強烈な上昇曲線を描いて登場だ。まずは安田記念-宝塚記念連覇が目標。仏G1・凱旋門賞(10月4日・ロンシャン)遠征に向けて、万全の構えで挑む。一方、先輩ダービー馬で、昨年の覇者ウオッカは中2週でもムードは最高潮。香港から参戦のサイトウィナーも本気モードだ。
  ◇  ◇
 鋼のような筋肉で覆われた、たくましい胸前。ディープスカイの素晴らしい馬体を目の当たりにすれば、誇らしげな昆師の表情にも納得がいく。「前走とは、馬が違いますよ」。自信に満ちた言葉がさらりと口をつくのも、当然か。ウオッカを始め、豪華メンバーが集結する春のマイル王決定戦。その安田記念を目前にしても、指揮官のタクトに乱れはない。
 今年初戦、前哨戦の大阪杯こそ2着に惜敗したが、中身は濃い。59キロを背負い、ドリームジャーニーの強襲に首差屈しながら、正攻法に徹する走りを披露。たぐいまれな根性も見せた。「かわされたことで戦意を喪失するのが普通ですが、盛り返しましたからね。力は見せてくれました。もともと使って良くなるタイプですから」。筋肉に張りが出て、栗毛の馬体には磨きがかかる一方だ。「昨年もそうでした。(NHK)マイルCを勝ったあと、グンッと良くなったんですよ」。歓喜の祭典制覇へとつながった、春のチャンピオンロード。季節もローテーションもすべて、若きスターホースの背中を押す。
 主戦の四位は、期待とともに課題を掲げた。「ここまで、計画通りの調教を消化できているからね。あとは、久々のマイル戦にどう対応できるかだろう」。昨秋以降は中距離路線に専念。それを踏まえ、対策も打っている。「スピード競馬に対応できるように、調教を重ねているんでね」。この中間は坂路オンリーの調教をクリアして、瞬発力重視の鍛錬に終始。土台はできている。「安田記念、宝塚記念を何とかしたい。そして、凱旋門賞に行きたいですね」。野心と自信に満ちた師の視線は、前へ前へと向いている。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク



競馬カテゴリー
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。